暮らしほんのり豊かに
Quality of Life
テクポイント

基本作業のコツ ビス止め

 

木工の加工では、金属に比べるとそこまで、シビアでなくてよいと思います。穴をあけるためのドリルの選定でも、基本的な概念を理解できれば、現場で臨機応変に対応できると考えています。

現場で加工する際のポイントとコツをまとめてみました。

 

木工加工における、ビス止めのコツをご紹介。(ウィークエンドのDIY)

ビス止めのコツ ネジと板の下穴 インパクトを使って効率アップ

 

木材の組み立て作業で、現在くぎを使う機会が少なくなっていると思います。もちろん作業内によっては、いまだに欠かせない部品です。

しかし、ここでは、「くぎ」については割愛させていただいています。

最近ではDIY用の廉価版インパクトドライバーが普及していますので、多くのご家庭でインパクトドライバーを使用されていのではないかと思います。

インパクトドライバーを使うことで、作業が早くて、楽になる、大変便利な道具です。そのインパクトを使った「ビス止め作業がきれいにできるようになるコツ」についてご紹介します。

 

ネジの構造について

 

木工DIYで一般的によく使用されている木工用ビス(コーススレッド)です。

 

ネジの構造について

 

はじめに、ねじの構造について軽く触れておきたいと思います。上の図をご覧いただくと分かりやすいのですが、ネジは山(ギザギザの部分の一番外側)と谷(ネジのくぼんで細いところ)が交互にあります。

このギザギザに引っかけてネジが抜けないようになっているのです。そして、このネジ部がビス全体にある全ネジと、ビスの半分にだけネジ部がある半ネジがあります。

 

ネジをしっかり止めるために必要な知識

 

全ネジを使用する場合

 

そこで、ここからがポイントです。いま上の絵では緑の部分(角材)に赤の部分(板)を固定しようとしています。

もうお気づきかと思いますが、穴の大きさが違います。緑より赤のほうが大きな穴をあけてあります。

緑は下穴、赤のほうは俗称「バカ穴」(あまりいい表現ではありませんがあえて表記しました。工業界では通じると感じています。JISではボルトを通す穴でネジが切られていないものを「ボルト穴」といいます。)といいます。

金属加工では、この緑の下穴にタップといってネジを切る加工をおこないます。

 

 

木材では実は特段に下穴が絶対必要ではないのですが、木材の割れ防止やしっかりとした締め付け力を得るためには、この「下穴」と「ボルト穴」が大事です。

 

 

ただし、前工程が増えてしまうので、時間と手間がかかってしまいます。ですから、基本ととらえておいて作業内容に応じて省略して構いません。

ただし、省く場合は下穴のみ省いてほしいのです。ボルト穴を開けていないと板と角材が浮いたような状態になあることがあるからです。(全ネジを使用した場合)

 

半ネジを使用する場合

 

固定する木材のサイズにより、ビス(半ネジ)の選定をしっかり行います。

例えば50ミリ×50ミリの角材に、厚さ20ミリの板を固定するとします。この時のビスの全長は45ミリから65ミリくらいのビスを使用できます。

例えば、45ミリの半ネジであればネジ部が約22ミリあり、ネジがない部分が約22ミリありますので、ネジ部を板が貫通して角材のみにネジ部がかかる状態が生まれます。

ネジ部が20ミリの板を通過してしまい、板を貫通している部分のビスにはネジ部がありませんので、「ボルト穴」にネジ部がある状態と同じようになります。

 

 

この時、「板とボルトの関係」に着目すると、板はネジ部の影響を受けませんので、ネジ部が原因で板が浮くことはありません。

ボルトのネジ部は「50ミリ×50ミリの角材」のみにひっかかり、20ミリの板を強力に角材のほうへ引っ張る力が掛かります。

 

 

ただし、

半ビスを使用する場合は固定したい材料の厚みとビズの非ネジ部の長さの条件に注意を払う必要があります。

半ビス使用の注意点

 

半ビスの非ネジ部よりも厚い材料の固定には使用しない方がよい。

 

例えば、

50ミリ×50ミリの角材同士をビスでこていするとき、仮に、90ミリのビスを使用して固定するとします。ビスの非ネジ部を45ミリとすると、固定しようとしている角材より、ビスの非ネジ部が短いので、ネジ部が固定しようとしている角材に残ってしまい、木材の浮き上がりの原因になりかねません。

つまり、

 

半ネジを使用する場合は、非ネジ部が固定しようとする材料よりも長く、しかもビスが飛び出さない長さが理想といえます。

 

 

 

ちょっとの手間をかけると、きれいにネジ止めできます。

 

ビス止めする材料同士を、あらかじめ、万力等でしっかり固定した状態であれば大丈夫です。

 

 

ボルト穴を開けていない状態で、ビス止め作業をして、赤の板から、緑の角材に乗り移るときに、ビスが緑の角材から押されるような状態になってしまうからです。

 

 

それに対して、赤の板にボルト穴を開けていれば、ビスのギザギザ部分が空回りしてくれるので、赤の板から緑の角材にビスが乗り移るときに、ビスが緑の角材から押されるような力は一切かかりません。

ビスのギザギザは緑の角材とだけ、しっかりかみ合い緑の角材を赤い板のほうへ強く引っ張るような状態になります。

このしっかりとした引っ張り状態を作ることで、角材と板がしっかりと固定されるのです。

下穴とボルト穴の大きさは使用するビスのサイズで変わってきます。上の例では下穴の目安は3ミリくらい、ボルト穴の目安は5ミリくらいです。

 

ボルト穴の注意点

 

ボルト穴は、あまり大きく開けすぎるとビスのかかりが弱くなりますのでご注意ください。

 

 

また、金属とは違いますので、ボルト穴が山の径よりもすこしばかり小さくてもビスは、やがて空回りしてくれます。

 

下穴の注意点

下穴も谷の径よりやや小さめで構いません。あまり下穴が大きいと十分な締め付け力得られなくなります。

 

 

下穴 ボルト穴を加工する際使用 充電ドライバー

 

 

 

多目的ドリルの一例

 

 

ボルト穴はネジの山の径と同じ、下穴はネジの谷の径と同じ

 

しっかり板を固定するには、ボルト穴を開けて板が浮き上がらないようにする。

 

ボルト穴の選定

ボルト穴の大きさは ネジの山の径と同じ。

 

 

角材の割れ防止などに下穴をけると効果的。

 

下穴の選定

 

下穴の径は ネジの谷の径と同じ。

 

 

インパクトドライバーを使用するときのコツ

 

ネジの締め付けにインパクトドライバーを使用するとき、利き腕の反対側の手はインパクトの真後ろに手をあてて、しっかり押さえつける。

 

インパクトもノコギリと同じように、最初と最後は少し力を加減することでビスをきれいに締め付けできます。

ネジの頭を潰したり、ネジを深く沈ませすぎる事が無いようにするため。また、座ぐりを加工することで、仕上がりが、よりきれいになります。

 

 

ビスの下穴用のドリル、ボルト穴用のドリルの選定

ビスの山の径、谷の径を正確に計測するときはノギスで測るとよいのですが、金属と違い木材の場合はそこでシビアではなくて構わないと思います。

めんどくさがり屋の私は、ビスの上にドリルを重ね合わせてビスの山の径用、ビスの谷の径用のドリルを選定しています。

 

現場でのコツ

 

ビスの下穴用のドリル、ボルト穴用のドリル

いずれもやや小さめを選択しておけば良いかと思います。

 

 

”基本作業のコツ ビス止め2” はコチラ



これで 加齢臭は気にならない!

 

今すぐ始めたい。

ほんのり香るベルガモットの香り

「ボディソープFRESHU」

 

臭い加齢臭で

 われないために

ほんのり香るベルガモットの香り FRESHUボディソープ

これで加齢臭は気にならない!

テキストのコピーはできません。