暮らしほんのり豊かに
Quality of Life
アイデアDIY

断熱効果UP アイデアDIY 壁・床の間編

 

寒い季節を迎えると、つくづく家の断熱効果が気になります。

断熱効果を上げたからと言って、決して部屋が自然と暖かくなるのではありません。断熱効果を高めると、熱が逃げにくくなるし、外気の寒い空気が室内に伝わりにくくなるということです。

ですから、断熱効果のアップと効率の良い暖房をセットで活用することで、ecoで快適な暮らしを手に入れることができます。

効率の良い暖房としては、エアコンをメインに考えると良いと思っています。そして、足元など部分的に寒さを感じるときは、ファンヒーターを弱運転で併用すると十分温かく感じると思います。

断熱効果を高めるメリットとしては、暖房にだけ効果を発揮するものではありません。もちろん、冷房時にも冷気が室外に逃げなければ、効率よく室内を涼しく保てますので、電気代を抑える効果があります。

ただし、断熱効果を上げるということは、部屋の気密性を上げ、熱が逃げにくくするのですから、エアコンを使わなけば、当然、熱がこもることにもなります。

現在、エアコンの効率の良さを考えれば、部屋の気密性を上げ、エアコンで温度管理をした方が、快適な生活空間を手に入れることができると考えています。

もちろん、春や秋の心地よい日には、窓を開けて自然を満喫してください。しかし、春夏でも室温が30℃を超える前に冷房を入れ、秋冬では室温が20℃を下回るようでしたら暖房を使う。

というように、室温基準で暮らしの環境管理をおこなうと、快適に暮らせると思います。効率の良い冷暖房エアコンを活かすために、まずは、部屋の断熱効果を高めることをおススメします。

 

部屋の断熱効果を高めて、暮らしを快適にするアイデアとは。

 

冬は寒くて凍える座敷の現状

 

実家の座敷は、以前から冬はとても寒さが厳しく、普通に寝ることは考えられないくらいのレベルです。

その原因として考えられるのは、基本的に古い日本の家は、夏を過ごしやすくすることを重視しているためではないかと思います。

その一つの例として、天井が非常に高く作られていることが挙げられます。しかし我が家の一番の問題は、隙間風がいたるところから入ってくることでした。

とくに、部分解体をしてからは、床の間の土壁の向こう側は、屋外にむき出しなってしまったことが多きな要因です。

土壁は古く、劣化が進んでいるため、土壁と柱の際にたくさんの隙間があります。ですから、土壁と柱の隙間から外の光が確認できてしまいます。

また、非常に高い天井は2800mmくらいあります。しかも、天井板には木材のふしが抜けて出来た穴が、ところどころにある状態なのです。

 

土壁の隙間対策として新規板壁を増設 板壁の施工計画とは

 

土壁の部分を最終的には壁紙で仕上げる予定です。ですから、まずは下地を作らなくてはいけないのですが、下地の施工場所が土壁であるため、

 

 

どのように、「下地の薄板を固定するのか」を考えなくていけません。

 

 

ここの「アイデア」が一番の難関でした。

それから、古い家ではありますが、結構立派な木材を使用しているため、黒くて立派な柱を見えるようにして残すのか、もしくは完全にカバーしてしまうのかという選択をしなくてはいけません。

新しい壁を作る側としては、柱をカバーする方が作業しやすいのですが、

 

 

父母から

「柱を隠さず、見えるようにしてほしい」と要望がありましたので、そこを考慮し、柱と柱の間の土壁の上に、新しい板壁をどのように固定するか

 

 

をいろいろと検討しました。

 

新しい板壁の取り付け条件としては、

 

土壁の表面から柱までの 寸法わずか20mm~25mmくらいの中に、

「新しい板壁」を施工しなくてはいけないということになります。

 

 

結論がでるまで、かなり時間がかかりましたが、下の図のように施工することを決めました。

 

新規 板壁の施工計画のアイデア

 

 

 

初めてのトリマー加工 ベース基材 ベース板

 

今回は、新規板壁のための「土壁カバー工法」には、上の図のような「ベース基材」と「ベース板」が欠かせません。

 

 

もしも、切り欠き加工をせず、ベース基材に直接ベース板をビス止めした場合、

ベース基材厚15mmとベース板厚12mmを加算した27mmに、さらに薄板4mm分を加算すると31mmとなり、

施工条件をクリアすることはできません。

 

 

そこで、

 

 

アイデアのポイントは

 

「ベース基材」と「ベース板」を

それぞれ、6mmくらいづつ削って嚙合わせることで、新規板壁の厚みを抑えることができたのです。

 

 

 

断熱効果アップのため発砲材を追加し薄板で板壁を仕上げる

 

新規の板壁は「柱を見せる」という選択をして、その対策を捻りだしたのですが、一点だけ難点があります。

 

 

それは、壁を支えるベース板の 剛性不足 です。

 

 

しかし、これまで100年以上もの間、竹を縄で組み込んだものをベースとする土壁単体で存在してきているのですから、新規板壁のベース板が多少剛性不足だとしても問題ないと判断しています。

 

 

しかし、この施工方法は推奨するものではありませんのでご了承ください。

 

 

 

もしも、私のような選択をする場合は、常に「自己責任」で行う必要があります。

 

今回の新規板壁による「カバー工法」では、土壁と板壁との間にベース板厚分の隙間ができますので

 

 

そのスペースに、壁の断熱効果をアップさせるため、10mmの発砲材を挿入することにしました。

 

 

最後に、4mmの薄板をベース板にビスで固定して、壁紙の下地を完成させます。ビスの頭は板に馴染むように板に座ぐりを加工することをお勧めします。

 

土壁部に発砲材を施工するための切り出し検討

 

 

壁のベース板とベース板の間に発砲材

 

この写真は床の間の壁の様子です。白い部分は10mmの発泡スチロールです。

 

床の間のリフォーム 断熱処理と幅木を使ったカバー工法の例

 

床の間は、一部解体した時に一番露出するようになった部分であり、一番、「雨漏り」がひどかったところです。

場所によっては土壁が一部ズレ落ちるような状態になっていました。そのずれいていた部分には、土壁の下部に丈夫な木材を当てて、ジャッキで押し上げて、土壁の下に束石と柱を追加しています。

隙間があった部分は、シリコンコーキングで埋めて、隙間が無いように処理してから骨組みを行っています。骨組みは特別に高度な技術を必要とせず作れるようになっています。

 

床の間リフォーム 簡単に施工できるアイデア

 

 

床の間 柱の裏に幅木 ベース基材(青)ベース板(緑)

 

この写真は、床の間の間口に追加した幅木を裏側からみている様子です。

 

床の間の天井にも断熱材

 

床の間の天井にも、スタイロフォームを取り付けています。

 

床の間の仕上げ DIY幅木の取り付け

 

断熱効果を高める処置を終え、壁紙の下地となる薄板を貼ることで板壁は完了です。

床の間の、もともとの姿では壁と床板が交わる角には柱の角部が残るような作りだったのですが、今回はちょっと雰囲気を変えてみたいと思います。

今回は、和室のプチリフォームということで、多少は和風を演出したく「木目を生かした幅木」を自作してみました。

これまで、私が使用した幅木は市販のものばかりでしたが、今回の座敷プチリフォームに合わせ、

 

 

天井材の加工をするために「電動カンナ」を購入していましたので、

幅木も「安い杉野地板」を電動カンナで削って成形して仕上げてみました。

 

 

最後に、防腐塗料を塗り、古民家に馴染む色調にしあげることができ、大変気に入っています。

取り付けの際は、幅木に座ぐりを加工してビスもステンレスの茶系のものを使用したおかげで、あまり目立たなく仕上がっています。

 

電動カンナで仕上げ 防腐ペンキを塗った幅木

 

野地板はそのままでは木肌が荒いので、電動カンナで仕上げると、化粧板として十分使用できます。

 

床の間 板壁完成

 

 

床の間の側面に「幅木」をつけることで、壁の厚みを稼ぐことができた。

 

結果として、床の間の内幅の寸法は、多少狭くなりますが、写真からも感じていただけると思いますが、ほとんど違和感はない状態だと思いませんか?

 

 

DIY幅木でアクセント

 

「幅木をつけるか、それとも、つけないか?」

ご自身のお好みで計画をたててみましょう。

 

 

私は、床の間も壁紙で仕上げることを計画していました。それで、幅木は壁紙を貼る作業を “やりやすくするため” に施工したものです。

 

 

 

床の間の袋戸棚 土壁がズレ落ちていたところ

 

土壁の修理で、ずれ落ちた土壁をジャッキアップしたことで、袋戸棚の下がりも改善しました。

私は普通乗用車の車載ジャッキを使用しましたが、壁のゆがみをとる作業となると、かなりの負荷を感じました。本来であれば油圧ジャッキが望ましいところでしょう。

もしも、古民家で、家の歪みや傾きを修正する場合は、無理をしない程度にしましょう。自信がないときは、無理に手を出さずにプロにお願いするのがよいでしょう。

 

 

今後の予定

 

今春に壁紙を貼る予定。作業完了しましたら写真をアップします。それから断熱効果アップのために仏間に引き戸を追加制作予定しています。

 

2020年 7月 壁紙を貼ってみました。

 

天井を二重化して低く抑えています。シーリングライトに変更し、三菱エアコンにて冷暖房

黒く歴史ある柱はそのままに、土壁はすべて板壁の壁紙仕上げにしています。

 

 

二重天井編もあります

 

おすすめポイント
  • 土壁の上からカバー工法
  • 古民家の雰囲気ある柱を活かす工法
  • 土壁の隙間をシールして気密性アップ・断熱効果アップ

 

まとめ

 

以前の、冬の寒さに凍える座敷では、ニット帽をかぶらないと寝れないレベルであったことから、断熱効果をアップするための対策をいろいろと思案しました。

二重天井とあわせて、座敷の ”崩れたり、隙間が目立つ土壁” をどのように対策すべきか。アイデアをまとめるのは簡単ではありませんでした。

後で分かったことですが、試しに、土壁にビスを打ってみたら、土壁の下地(竹小舞)の竹にビスが当たったときは、ビスがちゃんと効くようです。

ですから、私が紹介した施工法と合わせて、直接土壁にビスを打ってもよいかと思います。その際は、ベース板と土壁の間の隙間を無くさなくてはいけませんので、ベース板と土壁の間に薄板を挟む必要があります。

ちなみに、土壁と柱の隙間にはシリコンコーキングを施工してから、板壁のベース基材を固定してます。

二重天井化と土壁を板壁に変更することで、十分に断熱効果が向上したようです。お陰で、昨年の冬はエアコンだけで快適に過ごせたと、父より聞いています。

 

「ほんのり豊かに、快適に暮らす」ためのヒントになしりましたら、幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

これで 加齢臭は気にならない!

 

今すぐ始めたい。

ほんのり香るベルガモットの香り

「ボディソープFRESHU」

 

臭い加齢臭で

 われないために

ほんのり香るベルガモットの香り FRESHUボディソープ

これで加齢臭は気にならない!

テキストのコピーはできません。