暮らし ほんのり豊かに
Quality of life
アイデアDIY

断熱効果UP アイデアDIY 二重天井編

 

「快適な居住空間を作るには、どうしたらよいだろう?」

古民家で暮らし、こんな考えに更けている人は少なからず、いるのではないかと思っています。

快適な居住空間とは、「寒さをしのぐことができること」が、非常に大事だと私は考えています。

寒さをしのぐには、部屋の隙間をなくし、部屋の断熱効果を高めること。これにつきます。

一方、家全体で考えると、床下と屋根裏は、むしろ換気して、湿気対策を行うことが重要です。

今回は、「室内なのに、外気が入りすぎる。」 そんなつくりの古民家の座敷をリノベーションします。

 

スタイロフォームとポリカーボネートを使って古民家の断熱効果UP! 二重天井方式でリノベーション

 

高すぎる天井 夏は涼しいが 冬は暖かい空気が上に逃げる

 

どうして、このように天井を高くしたのか、その理由は定かではありません。

現代の高断熱住宅であれば、さほど問題ではないのでしょうが、断熱対策が不十分な古い住宅では、天井が高く、なおかつ隙間があるようでは、暖かい空気はどんどんと逃げてしまいます。

また、隙間があるということは、当然、寒い外気が室内に入ってくるということです。この寒い室内環境を改善するために行ったのは次の三つです。

 

改善策 1

一つは、既存天井に断熱材を施工すること

 

以前、雨漏りがありましたので、万が一雨にぬれても大丈夫なようにスタイロフォームという発砲材の一種を使用しています。

次に、

改善策 2

土壁の隙間をシールして断熱材を追加して板壁に仕上げること

 

 

最後に

 

改善策 3

天井をもう一つ新設して、二重天井とすることです。

 

 

 

断熱対策の概要

 

下記の図には対策1と対策3の説明になります。

対策1では、スタイロフォームという非常に軽い発砲材を、断熱材として天井板の室内側にビス止します。

対策3では、非常に高い天井をスタイロフォームを追加した状態で残し、暖気が逃げるのを防いで暖房の効率を高めたり、冷房の効率を高めることを目的として、既設の天井よりも低い位置にもう一つの天井を追加します。

 

 

 

天井にスタイロフォームを施工

 

スタイロフォームとは発砲材の一種であり、断熱材です。非常に軽いものですので、施工は極めて単純に、ビスで軽く固定する方法をとっています。

本来でしたら、もしも、スタイロフォームを天井の断熱に使用するのであれば、スタイロフォームを取り付けたあとに、天井板で覆うのが定石かと思います。

しかし、今回は別に二重の天井を追加施工する予定ですので、スタイロフォームのカバーを省いています。その代わりに、スタイロフォームが、多少でも木材に馴染むように、木の色に近い塗料を塗っています。

 

スタイロフォームの施工例

 

天井板を支える竿縁(さおぶち)と竿縁の間に、竿縁とほぼ同じ厚みのスタイロフォームを隙間なく埋め込むような形に仕上げています。

もともと、天井板には多くの、抜けた「節跡」があり、隙間風の原因となっていました。

それで、天井一面にスタイロフォームを敷き詰めることで、「節跡の穴を塞ぐ」ことと、天井の厚みを増し、断熱効果を高めることを施工目的としています。

 

 

 

陳列されたスタイロフォーム

 

下の写真は、近くのホームセンターに陳列されたスタイロフォーム(デュポン・スタイロ株式会社)の様子です。

 

 

類似した商品として、

スノーフォーム(ダイナガ化成株式会社)

カネライトフォーム(カネカケンテック株式会社)

ネオマフォーム(Asahi KASEI 旭化成建材株式会社)

フェノバボード(SEKISUI 積水化学工業株式会社)

があります。

スタイロフォームに塗料を塗り ビズ止め施工

 

下の写真は竿縁(こげ茶色)の間に、スタイロフォーム(水色)に茶色の水性ペンキを塗ったものを隙間なく敷き詰めた様子です。

スタイロフォームをまずは、屋外で基本寸法の幅に、丸鋸を使用してカットします。

竿縁は完全な等間隔ではないため、たまに、スタイロフォームが竿縁にせって、入らないことがありました。そんな時は、鋼尺をガイドにして、カッターナイフで少しずつスタイロフォームをカットしました。

写真では殆どわからないと思いますが、一枚のスタイロフォームに数本のビスを打っています。

 

ちなみに、上の写真で、横方法に伸びている角材が二重天井の「天井骨組み」(竿縁)となります。

 

断熱効果アップを目的に二重天井の施工  めざすはシック&モダン!

 

「天井を二重にしたい」という思いは、かなり以前からあったのですが、なかなか良いアイデアが湧かず、保留していました。

最初は、既設天井から腕を下げて、新しい天井を吊るす方向で考えていたのですが、床から天井まで2800mmくらいありますので、「困難な作業になるであろう」ということは、簡単に想像がつきます。

 

それから、天井板には、

 

 

わたしのお気に入りである

中空ポリカーボネート板を使いたいし、

出来れば、天井骨組みの上に

中空ポリカーボネート板を乗せるようにしたい

 

 

と考えていました。

天井骨組みを吊るすような構造では、私の思いを実現することは難しいので、行動に移せずにいたのです。

そして、やっと湧いてきたアイデアが下の図です。

 

ポリカーボネートとは

座敷の 二重天井 最終案アイデア

 

「中空ポリカーボネート板」は大変便利であり、私のお気に入り材料です。そんな中空ポリカーボネート板ですが、唯一ともいえる「難点」としてあげられるのは、カットの難易度がそこそこ高いことです。

 

そこで、中空ポリカーボネート板を、極力 ”カットしなくて済む” ような使い方を、検討している様子です。

 

 

 

リノベーションした二重天井の構造概略

 

市販の中空ポリカーボネート板の定尺は 「長さ1820mm 幅910mm」

(希望のサイズでカット販売しているショップもあります。)

定尺の中空ポリカーボネート板をカットせず、そのまま配置できないかを検討した結果、

 

部屋の端のほうで、わずかに寸法が足らないことが分かりました。(CADを使うと、実寸にて配置検討ができます。)

 

 

そこで、その解決方法として考えたのが、わずかに中空ポリカーボネート板が不足している端のところに、板を入れて、天井幅を調整しました。

 

 

二重天井のレイアウト A-A断面 拡大図

 

下の図をご覧いただくと、中空ポリカーボネート板は「載せているだけ」だということが、お分かりいただけると思います。

ただし、下の図で角材(ピンク)をよく見ると、「断面のカタチ」が違うのにお気づきでしょうか?

 

「載せているだけ」とは言っていますが、中空ポリカーボネート板の片側は、必ず角材に「はめ込む」ようになっています。

 

 

角材のくぼみ形状の加工は「電動トリマー」を使用しています。

 

 

電動トリマーで加工した角材

 

中空ポリカーボネート板を「差し込むための溝」を加工して、水性塗料を塗り、そのあと乾燥させている様子。

 

簡単、載せるだけ構造を選択

 

天井二重化の主役である、中空ポリカーボネート板の固定方法は「載せるだけ」を選択しています。

瓦の補修は終了しているものの、座敷は雨がひどい時に雨漏りの心配があるため、念のために天井裏をすぐにメンテナンスできるように、ビスによる固定ではなく半固定「はめ込み式構造」となっています。

また、使用材料の材質も雨に強いものを選んでいます。天井断熱材はスタイロフォームという雨に強い発泡材であり、新規天井の天井板には中空ポリカーボネート板を選択。

 

 

万が一、ポリカーボネート板が雨漏りでぬれてしまっても、すぐに拭き取り、手入れできるように、「載せるだけ構造」を選んでいます。これも雨漏り対策の一つです。

 

 

 

骨組みは防腐剤入り塗料で、古民家に馴染ませています

 

今回は、ブラウン色の中空ポリカーボネート板を使用しています。

塗料は防虫・防腐剤入りの水性塗料「ウォルナット」色を使用しています。

材料は杉の野地板です。

野地板は安いので価格面では魅力的ですが、肌が荒いため、通常は化粧板には適していません。

 

しかし、今回は中空ポリカーボネートを受ける板をたくさん必要だったので、野地板に電動鉋をかけて、滑らかな木肌に仕上げています。

 

 

 

電動鉋をご使用になるときの注意点

電動鉋は非常に便利ですが、削りカスが勢いよく飛び散ります。ですから、ご使用になる場合は、使用環境に配慮が必要です。

それから、電動鉋の購入をご検討されている場合は、是非、削りカスを回収するための「袋を取り付けられる構造」のものがよいでしょう。

 

 

 

 

下の写真では、縦方向に走っている角材が竿縁です。竿縁と竿縁の間には、上の写真にある板を竿縁の内寸法にカットして入れて、トリマーで溝を加工した角材(CAD図内のピンク)に下からビズ止めしています。

ビスはカラー(茶ブロンズ)ステンレスビスを使用していますので、あまり目立たない仕上がりになります。

 

 

天井灯は、既設天井から吊るしています。

 

 

 

中空ポリカーボネート板は追加工なし、「 載せているだけ 」

 

中空ポリカーボネート板は竿縁に対して直角に載せています。下の写真からも、中空ポリカーボネート板の筋目が確認できると思います。

下の写真の幅が広い板は、野地板を電動鉋で仕上げたものです。この板の中央で中空ポリカーボネート板を突き合わせて繋いでいます。(正確には角材の溝に中空ポリカーボネート板を差し込んでいます。)

 

 

 

壁の仕上げ

 

今春、壁紙を貼る予定です。出来上がりましたら写真をアップします。

 

部屋の壁紙はすべて張り終えました。上の写真は床の間の様子です。

 

壁・床の間編もあります

 

おすすめポイント

  • 断熱効果アップ
  • 中空ポリカーボネート板でモダンな和室へ
  • 天井材の乗せ掛け構造でメンテナンスが楽
  • 適正な天井高で空調の効きが良くなる


まとめ

 

これまで、行ったDIYのなかで、構想に一番時間がかかったので、かなり思い入れが大きな作品です。

ポリカーボネートは非常に耐熱性も良好です。それでも、私が紹介したように天井材として中空ポリカーボネート板を使用する場合は、暖房機の選択には気を付けるようお願いします。私のおすすめはエアコンによる暖房です。

 

火気を使うもので、熱気が真上にどんどん上がる石油ストーブや薪ストーブの使用は避けるべきでしょう。

 

 

ファンヒーターであれあば、石油ストーブほどリスクは高くないと思いますが、理想はエアコンによる暖房でしょう。

中空ポリカーボネート板は非常に軽い素材ですので、天井板に、かなり適しているように思います。クリアの中空ポリカーボネート板を使用して、照明を中空ポリカーボネート板より上に取り付け「間接照明のように」するのも面白いかとおもいます。

 

「ほんのり豊かに、快適に暮らす」ためのヒントになりましたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━┓
国内最速!シン化するレンタルサーバー『wpXシン・レンタルサーバー』
─────────────────────────────────
・使いやすさに定評のある「エックスサーバー」のシステムを採用
・世界最速クラスのWordPress実行環境「KUSANAGI」の高速化技術を導入
・初期費用無料・月額770円(税込)から利用可能
・.com .netなどから選べる!独自ドメインが永久無料
・初心者でも安心の24時間365日メールサポート!
・アダルトコンテンツを含む幅広い用途で利用可能
─────────────────────────────────
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HKLNO+CQFSKY+CO4+1HLNLF
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
テキストのコピーはできません。