暮らしほんのり豊かに
Quality of Life
アイデアDIY

古民家土間上り台 アイデアDIY

 

古民家では、高床式の座敷となっていることが多いかと思います。その作りは、夏の暑さを「しのぐ」ための工夫なのか、あるいは、日本特有の湿気の多い環境下でも、家屋が腐らないための工夫なのではないか、と言われています。

床を高くすることで、通気性はかなり良好といえます。その証拠に、我が実家を始め、多くの古民家は、軽く100年以上の歴史を刻んで、今もなお健在しています。

しかし、「床が高い」その作りゆえ、生活で不便を感じることもあります。

それは、なんといっても、玄関土間と座敷の「上り下り」でしょう。バリアフリーを意識した住宅しか知らない人からすると、かなり非常識なつくりともいえます。

そんな、高床式の古民家で、少しでも暮らしが快適になるように、土間と座敷の上り下りが、楽になるようにするためのアイデアを形にしてみました。

 

古民家の「上り下り」を楽にする。高齢者にやさしい「上がり台」をDIY。

 

上り下りが不便な作り 高床式の古民家

 

築100年を超える実家の玄関土間では、床高さ約630mmの座敷と土間の間には、中間の高さに、上がり框があり、多少は上がりやすくなっています。

しかし、玄関を入り、土間の正面側には、増築したキッチンダイニングがあり、その床高さは、座敷ほどの高さはないものの、それでも土間から500mmくらはあります。ですから、上がるのは結構大変なのです。

それで、多少でも土間からキッチンへの「上り下り」が楽になるように、既製品の上り台を準備することを、検討していました。

傾斜している土間に、上り台を置いただけでは、安定感にかけるので、どっしりとして「安心して上り下りできる上り台をつくることにしました。

 

ぐらつかない「安定感」が必要。 だから、コンクリートとブロックで基礎づくり

 

もっとも重要なのは、少々のことではぐらついたりしない安定感があること。

特に、座敷から下りの時は、瞬間的に体重をかけるので、足腰が弱くなっている両親にとっては、キッチンから土間に下るときに、上り台が少しでもぐらつくと、ケガにつながります。

若い時のように、体が反応して態勢を整えることができるとは、とても考えられません。

 

 

そのような、事故防止の観点から選んだのは、

コンクリートブロックを、コンクリートで固定するというものでした。

 

 

 

 

その中でも、土とコンクリーとを、しっかりつなげるために、

バラスが土に食いつくことをイメージして、土間の硬くなった土を50ミリほど掘り起こし、土を除去して

 

 

掘り起こした後の、ごつごつした土の表面にバラスを撒き、水平を確認し、整えてからコンクリートを粉のままかけて水をかける。

その上から、通常と同じように、作ったコンクリートを約10ミリ厚さに広げてから、コンクリートブロックを据える。コンクリートブロックの水平を確認しながら、必要数を並べて乾燥させる。

 

 

角材でコンクリートの上に基礎面をつくり、化粧板で仕上げる

 

十分に乾燥させた、コンクリートブロック基礎の上に、角材をコンクリートビスで固定。

化粧板を固定する前に、上り台を試してみたところ、もう少し高い方が使い易いことが判りました。それで、台の高さを調整するために、角材を2段にしてその上から化粧板を固定することにしました。

化粧板は、表面の仕上がりに光沢があり、滑らかなものを、ホームセンターで選んでいます。

横の切り口部分は、同色のニスをチョイスして仕上げてみました。ブロックは土間の土の色に馴染みやすいこげ茶の油性ペンキスプレーで仕上げています。

コンクリートブロックの塗装は、化粧板を取り付ける前に施工しています。今回は油性ペンキスプレーを使用しました。

すると、

 

シンナーの匂いが、なかなか消えなくて、油性塗料の選択は家族から不評でした。

 

 

ですから、もしも、

 

 

このDIYを参考にされる場合は、水性塗料をおすすめします。

 

 

 

土間を掘り傾斜を吸収

 

 

光沢ある板をチョイス 昇降性を考え入り口から離してます

 

 

切り口は同色のニスで仕上げ

 

 

 

おすすめポイント

  • コンクリートブロックの基礎にてぐらつかない安心感
  • コンクリートブロックも塗装でお洒落に
  • 光沢ある化粧板でちょっと贅沢

 

CADで提案 縁側やウッドデッキの上がり台はいかが?

 

我が家では、裏庭に既製品の木製ベンチを使って、ウッドデッキ風の縁側を設置しています。

しかし、その縁側から、庭までが意外と高低差があるため、上り下りが楽とはえません。そこで、アイデアといえるほどではありませんが、コンクリートブロックを使った上がり台を、上の絵のように、屋外に設置しても良いのではないかと考えています。

 

 

もしも、コンクリートブロックを使って、上がり台をつくられるときは、安全のために、必ず「モルタル」もしくは「コンクリート用接着剤」でしっかりと固定してお使いください。

 

 

まとめ

 

高齢者にとっては、バリアフリーな住環境がベストだとおもいますが、どうしても、段差を排除できないケースも出てきます。

そんな時に、少しでも、家の段差の上り下りを楽にするために、「上がり台」はある程度の効果があると思います。

上がり台を設置の際に、一番注意しなくてはいけないのが、「上がり台をしっかりと固定する」ことです。

もしも、「上がり台」がしっかりと固定されていないと、「生活を快適にするために」設置したはずの上がり台で、怪我をしてしまいますので、十分ご注意ください。

 

「ほんのり豊かに、快適に暮らす」ためのヒントになりましたら、幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1ヶ月3,800円~ご利用可能!

さらに、通信無制限なのに工事費不要!
最大35,000円キャッシュバック

他社からSoftBankAirにお乗り換えで、
他社解約金・撤去工事費
最大10万円キャッシュバック!

詳しくはこちら↓↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HE2VJ+98TBXU+4K9C+1TIBOZ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

テキストのコピーはできません。