肌を整えるスキンケアから
肌&スキンケア

肌の老化を防ぐには

皮膚科専門医のアドバイス

肌の老化を防ぐには Q&A

 

スキンケアについて「Q&A形式」にて一緒に学んでみませんか?

アンサー部分は「皮膚科専門医の著書」より引用または加工してご紹介します。

 

Q1. 「肌が老化する」とはどのようなこと?

 

A. 肌の老化現象とは具体的には「シミ・シワ・たるみ」があげられます。これらは、生理現象(加齢による老化は萎縮性の変化)として誰にでも出来てしまうものですが、この「シミ・シワ・たるみ」ができるスピードはスキンケアや生活習慣によって個人差があります。

「加齢による老化皮膚」では表皮の萎縮、真皮の線維芽細胞の減少とそれに伴うコラーゲン産生の減少、真皮のエラスチン量の低下が認められ、弾力のない菲薄化した皮膚となります。

一方、「光老化」では老化皮膚と比較すると表皮は肥厚し、真皮の線維芽細胞の増加と炎症細胞浸潤の増加はあるもののコラーゲン量は老化と比較しさらに減少し、真皮のエラスチン量の増加が起こり、最終的には「solar elastosis」という特徴的な病理所見をとるようになると考えられています。(日本臨床免疫学会会誌より)

 

光老化とは

紫外線に長期間さらされることで萎縮性の変化を伴わず「項部菱形皮膚」と呼ばれるような深い皺(シワ)、不規則な色素沈着、弾力性のない皮膚となってくることをいう。                  (日本臨床免疫学会会誌より)

 

 

つまり、肌老化に最も大きく影響を及ぼすのが「UVケア」です。

 

 

Q2. 紫外線により肌はどのように影響を受けるのですか?

 

A. 紫外線は光老化の一番の原因になります。光老化では通常に加齢による変化と異なり、次のような特徴があります。

・深いシワが形成される。

・コラーゲン線維がただ減るだけではなく、肌の質自体も低下する。

・色素沈着(シミ)がより不均一にできやすい。

また、紫外線はバリア機能を低下させて肌の乾燥の原因にもなります。これらの紫外線による肌変化には「酸化ストレス」が関連しています。

 

酸化ストレスとは

簡単にいうと、紫外線によって生まれる活性酸素が過剰になった場合、体にもたらされる有害な作用のことです。

 

A. 肌の紫外線による変化には酸化ストレスが関連していますが、酸化ストレスの原因は紫外線だけでなく、生活環境である大気汚染やタバコ、偏った食生活などの生活習慣も関係しています。

 

Q3. 肌のアンチエイジングのために気を付けることは?

 

A. せっかくスキンケアをしっかりしていても、タバコを吸っていては残念ながら本来の効果を100%出すことはできません。将来「老け顔」にならないためには、早めに禁煙することに越したことはありません。

アンチエイジングと聞くと、高級な化粧品を使った贅沢なイメージがありますが、肌の老化は「日焼け止め」と「禁煙」だけでも大きく変わってくることを覚えていてください。

 

A. 「見た目年齢」には内臓の老化が大きく関わっています。

昔から、「皮膚は全身の鏡」と言われるように、睡眠不足や食べ過ぎ、あるいはストレスのかかった生活で肌荒れやニキビができた経験は誰しもあることでしょう。老化についても同じで、見た目年齢には内臓の老化が大きく関わってきます。

特に、メタボや糖尿病、高血圧といった「生活習慣病」は血管の老化を促進させることで内臓の老化させます。この血管の老化は肌でも起こり「シワ」や「たるみ」あるいは「くすみ」などとして現れます。

 

A. 血管の老化を促進させる生活習慣病は食事・運動・睡眠が関係していることが明らかになっています。

食生活の欧米化、車社会での運動不足、睡眠不足の慢性化が反映されているのです。生活習慣病によって重篤な疾患をもたらすのは40代以降が多いと言われていますが、「まだ若いから大丈夫」と過信して朝食を抜いたり、ランチではファストフードやどんぶりものばかりを食べていると、少しづつ負債として積み重なり40代以降の「見た目の差」につながってしまうのです。

 

テキストのコピーはできません。