肌を整えるスキンケアから
肌&スキンケア

睡眠と肌について

 

皮膚科専門医のアドバイス

睡眠と肌ついて Q&A

 

スキンケアについて「Q&A形式」にて一緒に学んでみませんか?

アンサー部分は「皮膚科専門医の著書」より引用または加工してご紹介します。

 

Q1. 睡眠はなぜ重要なのですか?

 

A. 睡眠不足は高血圧や糖尿病など様々な疾患との関連が報告されています。具体的には睡眠時間が6時間未満の場合、高血圧のリスクが上がると言われています。

そして、睡眠は肥満にも関係性があります。睡眠時間が少ないほど、グレリンやレブチンなどのホルモン分泌が乱れ、肥満につながりやすいのです。

他にも睡眠に関係するホルモンがあり、最近注目されているのが「メラトニン」という睡眠時に分泌されるホルモンです。

メラトニンがしっかり分泌されていると睡眠の質が良くなり、結果としてストレスや疲労を回復することができます。

このメラトニンは、アンチエイジング効果があることで最近注目を集めています。

 

Q2. アンチエイジング効果があるメラトニンとはどんなものですか?

 

A. メラトニンのアンチエイジング効果の一つが「酸化ストレスの軽減」です。

酸化ストレスを引き起こす代表が紫外線ですが、日中に浴びた紫外線による酸化ストレスを夜修復するのに一役買うのがメラトニンです。

もう一つの効果は「糖化ストレスの軽減」です。メラトニンには糖化によってできる老化物質AGEを分解する効果があることがわかっています。

また、メラトニンの合成が促進されると、睡眠中の血糖変動が起こりにくく、夜間の低血糖が改善します。

糖化ストレスは血糖が急激に変動することによって促進されてしまうため、睡眠中の血糖変動を起こりにくくするメラトニンのこの働きは非常に重要です。

これまで、夜に肌を再生するホルモンの代表的なものとして「成長ホルモン」が知られていましたが、同じようにメラトニンも「美肌ホルモン」として重要となります。

テキストのコピーはできません。