肌を整えるスキンケアから
加齢臭

MYTREX シャワーヘッドは加齢臭対策グッズとして価値あり!

ウルトラファインバブルを作り出すシャワーヘッドを使うと、あら不思議、なんと肌に書いた油性ペンが落ちてしまう。凄すぎて何とも信じがたく「きっと、やらせでしょ。」なんて疑ってテレビを見ていた方もいたのではないでしょうか?(2019年 8月 26日 販売開始 サイエンスのミラブルplus)

わたしは、テレビショッピングの実演を見て驚いたことを覚えています。「油性マジックが簡単に落とせるのだから、クレンジング無しで化粧落としも出来そうだな。きっと美容に重宝しそうだな。これはすごいぞ!」そして、その直感どおり販売本数は82万本(2021年6月)を売り上げるヒット商品となっています。

片や、MYTREX シャワーヘッド(2021年 6月 1日 販売開始)もテレビ番組で取り上げられたり、雑誌での紹介があり、多くの方に愛用(2022年 1月 100万本売上)されているようです。(ちなみに私はつい最近までその存在を知りませんでした。)

 

美容だけではもったいない。はずかしさを乗り越えれば そこには「新感覚!これはいいんじゃない。」 MYTREXシャワーヘッドは加齢臭対策の秘宝(HIHO)

 

Contents
  1. 結論:思わず紹介したくなるMYTREXシャワーヘッドの使用感。あなたの加齢臭ストレスは半減!
  2. 「加齢臭ストレスが半減する」その根拠とは
  3. 加齢臭対策に本気で取り組み始めて1年10ヵ月の私の実感
  4. 皮脂に含まれる加齢臭の原因物質の割合は加齢とともに増える
  5. 豊富なウルトラファインバブルと3つのモードを使い分けできるから便利
  6. MYTREXシャワーヘッドは節水効果で水道料金がこんなに節約できる
  7. MYTREXシャワーヘッド 取付けはとっても簡単
  8. 加齢臭対策としてのMYTREXシャワーヘッド活用と今後の課題
  9. まとめ

結論:思わず紹介したくなるMYTREXシャワーヘッドの使用感。あなたの加齢臭ストレスは半減!

MYTREXシャワーヘッドの何とも言えない使用感と、風呂上がりに感じる満足感から、ついつい仕事あとのシャワータイムを楽しみにしている自分がいることに驚いています。

とにかく、理屈抜きに心地よいのです。

 

 

もしも、この感覚を例えるとしたら、これまでのシャワーヘッドを「寝苦しい熱帯夜で使う扇風機」とします。対してMYTREXシャワーヘッドはまるで「熱帯夜の憂鬱を吹き飛ばすエアコン」のような存在だというのが私の実感です。

自分観察からのつぶやき

これまで、齢を重ねてきた一人の人間として否応なしに思い知らされるのは、ヒトも生物である以上「生物としての魅力は繁殖能力に支配されている」といっても過言ではない気がしています。だからと言って人としての魅力は「若々しく自信に満ちた青年期」だけではなく、「気負いなく齢を重ねて成熟された味わい」もまた格別ではないかと思っています。

そんな熟成期を楽しみたいと日々過ごしながらも、「あれ大丈夫かな?」と各所の身体的なチェックポイントが増えて「行動を起こすときの小さな障害」となっているのが現状なのです。

加齢による自分の体の変化に目を背けることはできないので、私はエチケットとして努力出来ることはちゃんと努力したいと思っています。しかし、若い頃とまったく同じとはいかないとことも分かっています。

若い頃は、「どんなかおりの香水が異性に対して魅力的に感じるのだろう?」とそんなことばかり気にしていませんでしたか? おそらく動物の求愛ダンスと同じで、それが自然なのだと思うし「本気の匂い選び」だったなと振り返っています。

しかし今は、「自分のからだ、臭ってないかな?」この不安がいつも付きまとってきます。

つまり、加齢臭に対する不安です。おそらく、加齢臭をゼロにすることは不可能だろうとおもいますので、せめて許せる範囲に抑えられたらいいなと努力しています。

加齢臭の臭いの元は皮脂に含まれることは分かっています。だからと言って、皮脂の分泌をゼロにはできません。

なぜなら、皮脂は皮膚から水分が蒸散することを防いだり外部から異物が侵入することを防いだりする役割を果たし、皮脂の分泌が適量でないと、皮膚表面の皮脂と水分のバランスが崩れて、肌トラブルの原因になるからです。

皮膚科専門医著書より

そして、皮脂を適量に保つには毛穴の汚れを取り除き、毛穴を引き締めることが肝心です。つまり、肌が荒れていては毛穴の引き締めもままならず、加齢臭を抑えることはかないません。

だから、スキンケアで肌のキメを整えることが重要なのです。体や顔を洗う時もゴシゴシと洗うのではなく、泡で優しく洗うのが基本です。

MYTREXシャワーヘッドのウルトラファインバブルのミストシャワーはまさに霧のようにキメが細かであるため、肌への刺激が少なく、肌にやさしく、しっかりと毛穴の汚れを取り除けます。

使用上の注意点

・ミストモードでシャワーヘッドを肌に近づけすぎると、時折、極細の針で触れられるような感覚の瞬間がありますので注意してください。

・それから、ミストモードではあまりにも微細な霧状となるため、お湯の暖かさは感じることができません。つまり、夏場は問題ないレベルですが、冬場は寒いと感じるでしょう。

・特に冬場は、半身浴の状態でシャワーモード(ウルトラファインバブルも豊富で暖かいお湯)を使うなどの工夫が必要だと思います。

 

毛穴の汚れが取り除かれると、毛穴の引き締めにも効果的です。毛穴が引き締まれば、余分な皮脂の分泌を抑えられます。余分な皮脂の分泌が抑えられれば、加齢臭のリスクを減らせるという好循環になります。

とはいっても、背中はゴシゴシと洗わないと汚れが落ちているか心配だし、「背中をゴシゴシ洗わないための力加減」がよく分からないよ。 きっとそう感じている人いますよね。

そんな人には、是非MYTREXシャワーヘッドのミストシャワーをつかってほしいと思います。幸か不幸かちょっと大きめのMYTREXシャワーヘッドなら背中へミストシャワーをかけ回すときにちょうど良い感じです。

「自分の加齢臭で周りに迷惑をかけていないだろうか?」 そんな心配性なあなたにとって、MYTREXシャワーヘッドは加齢臭ストレスを半減してくれる秘宝だ。(秘泡ファインバブルだけに)

 

「加齢臭ストレスが半減する」その根拠とは

MYTREXシャワーヘッドを使って入浴することで、「加齢臭ストレスが半減する」と考えるのには理由があります。それは科学的知見によるデータと私自身の実体験によるものです。

根拠 1:マイクロバブル浴は加齢臭を効果的に除去し、発生を防止できる入浴法であるため

詳しいデータは「加齢臭に効果的な入浴方法とは? マイクロバブルに注目!!」記事内に記していますので、興味がある方はご覧ください。

こちらの記事は、日本生気象学会雑誌に掲載された論文をもとにまとめた内容になります。この研究内では【入浴方法の違いよる加齢臭の除去の違いついて】さまざまな実験が行われています。

筆者らの結論として

加齢臭を効果的に除去するとともに、入浴後の加齢臭の発生を長時間に亘って防止できる入浴様式としては、マイクロバブル浴が最も効果的であることが明らかとなった。

「異なる入浴様式による加齢臭の除去・抑制効果」 より

この研究ではマイクロバブル浴で実験をおこなっています。マイクロバブルを含むシャワーでの実験データがあるわけではないのですが、同様の効果があることが期待できます。

 

根拠 2:油性マジックを洗い流せる洗浄力

サイエンスのミラブルのように、MYTREXシャワーヘッドでも肌に書いた油性マジックが消えるのではないかと考え実験してみました。

まずは、近くにあった筆ペンで腕に落書きしてミストシャワーをあててみるとミストがかかった瞬間に消えてしまう。まさにビョウで(秒)といった感じです。あとから筆ペンは水性であることがわかり、では今度は油性マジックで落書きをしてミストシャワーをあててみることにしました。

サイエンスのミラブルの広告動画でも、シャワーをしばらく当てて指の腹で肌を軽く擦る感じでしたので、MYTREXシャワーヘッドを使ったミストシャワーで同じような方法をためしてみました。さすがに顔にマジックで落書きする勇気はなく、腕に油性ペンで落書きして実験。

水性の筆ペンのように、秒で流れ落ちることはないのですが、洗剤は一切使用しなくても不思議と消えてしまいました。

油性マジックで腕に落書き

 

HIHOミストで洗いながら、指のはらで軽く擦ると油性マジックが消える

 

根拠 3:脂べっとり頭皮からスッキリ頭皮へ

加齢臭対策で気に留めておきたいのが、後頭部から首の付け根あたりまでのケアです。加齢にともない枕カバーが臭くなるという話は聞いたことがあったり、まさに日々実感している人も多いのではないかと。

もともと、頭部と顔では皮脂腺が大きく、しかも皮脂腺の数が多いところですので加齢臭の発生リスクが高い部位といえます。

確かに、頭皮や額、鼻ではアブラの分泌が活発な印象があります。そのなかでも首の付け根あたりのニオイが要注意であるというのが私の経験上の認識です。

わたしがいろいろ試してみて加齢臭対策に効果的だと感じているMYTREXシャワーヘッドの使い方は

頭皮(後頭部)の洗浄について

①まずは、HIHOシャワーモード

でウルトラファインバブルとお湯の温度で毛穴のアブラを溶かし浮かせます。(この時アブラは毛穴から出てくるのですが、髪の毛に付着した印象を受けます。)

切替レバー:右 ウルトラファインバブル、マイクロバブル量
HIHO シャワーモード 最大 2億  [個/ml]
②次に、シャワーを一度止め、HIHOミストモードに切り替えます。

ミスト状のシャワーであるため、水温は下がってしまいますが、豊富なファインバブルで髪の毛に付着したアブラを除去してくれます。(また、最後に、指先に付着したアブラとニオイをミストで洗い流すことでニオイ移りを防ぐ効果が期待できます。

切替レバー:中央 ウルトラファインバブル、マイクロバブル量
HIHO ミストモード 最大 2億7000万 [個/ml]
③シャンプーをつけて頭を洗います。

これまでシャンプーは二度洗いが良いと聞いていましたので、これまでも実践してきました。やはり、皮脂が多いと感じるときなどは、一度だけのシャンプーでは泡立ちが悪いまま終わってしまう印象があります。

①~②のMYTREXシャワーヘッドを使った温水による洗髪を終えたあとなら、シャンプーの泡立ちが見違えるほどよく、泡がなめらかです。ですから、二度洗いの必要性を感じません。(お好みに合わせて、二度洗いでも構わないと思います。

④HIHOストレートモードで綺麗にすすぎ

すすぎ時のシャンプーやボディソープの流し残しを防ぐため、ファインバブルを発生させながらもしっかりと水圧を感じるストレートモードをすすぎに使用するのがよいのではないかと私は考えています。(『石油系』界面活性剤は洗浄力が強すぎて肌のバリア機能を壊すリスクがありますので、天然の界面活性剤を使用したシャンプーやボディソープが良いようです。また、使用後はしっかりと洗い流し界面活性剤が肌に残らないようにするのことが肝心です。)

切替レバー:左 ウルトラファインバブル、マイクロバブル量
HIHO ストレートモード 最大 9,800万 [個/ml]

 

⑤シャワーを一度止め、HIHOミストモードに切り替えます。

最後の締めはミストモードでもう一度、ニオイが気になる後頭部だけ、髪に残った加齢臭をミストのウルトラファインバブルで取り除きます。

 

 

加齢臭対策に本気で取り組み始めて1年10ヵ月の私の実感

加齢臭対策は未だに手探りなのですが、すこしづつ効果がでているのではないかと思います。こんな50代のオッサンでも、肌改善に取り組み始めた成果だと思うのですが、肌を触ったときの感触がまるで違います。肌を触った感触がすべすべ滑らかになっています。

ニオイに関しては、出来る限りの加齢臭対策はしているつもりですが、こと自分のニオイに関しては自信がないのが実情です。ちょうどタバコと同じでタバコを吸っているひとはタバコのニオイに鈍感ですが、いっぽうタバコを吸っていない人はタバコのニオイに超敏感ですからね。(禁煙成功者は特に実感していませんか?)

特に夏場は、汗をかくこともあり、いろんなニオイが入り混じった状況となっているようです。仕事が終わり帰宅するときのマイカーの車内では、やはり窓を開けたくなってしまいます。

わたしの実感 その1 : 洗い過ぎると皮脂の分泌が増えてしまう

やはり、これは本当だなと思います。

以前ためしに、フレッシューボディソープを使って頭を洗ったことがあったのですが、かえって頭が臭く感じたので使うのをやめたことがあります。また、頭皮のニオイ改善専用シャンプーを試したときも、むしろ頭が臭く感じたのでその後は二度と使っていません。

それから、今回MYTREXシャワーヘッドをつかってはじめて頭を洗ったときも、実は結構ニオイがしたのでなんでだろうと思っていました。その時ある仮説が思い浮かびました。

わたしの仮説

毛穴にある皮脂腺から加齢臭のもとが分泌されるのですが、毛穴が詰まっているとそこに加齢臭のもとが溜まる。

ボディソープや頭皮ニオイ改善シャンプーはその毛穴つまりをこじ開けて加齢臭が解き放たれた。同じように、MYTREXシャワーヘッドでも毛穴のつまりを取り除いたので毛穴に溜まっていた加齢臭のもとがニオイを放ったのではないかと考えました。

頭皮の洗浄での注意点

「加齢臭ストレスが半減するその根拠」のところで頭皮の洗浄について、私なりのMYTREXシャワーヘッド利用法をご紹介していますが、頭皮としてすべてをひとくくりにはできないのではないかとも思っています。

季節が夏ということで、温度環境の影響もあるとは思うのですが、朝、頭頂部にアブラが出てくるようになっています。サラッっとしていてそれほど臭う感じはありません。それから、頭頂部の毛穴がわずかに沁みる感じがしています。(頭頂部に関しては洗い過ぎだと思います。)

 

後頭部の首の付け根あたりは

枕カバーが臭うなどの悩みをお持ちの場合、私と同じように後頭部から首の付け根あたりまでをしっかり洗浄したほうが良いのであろと思います。(洗浄後はしっかりすすいで、しっかり保湿し、できればミョウバンクリームまで使用すると安心ではないかと思います。)

頭頂部は

私の場合、もともと頭頂部はアブラっぽくなりやすいと感じていました。そんな部位ではMYTREXシャワーヘッドの使用法に注意が必要なようです。ミストシャワーが気持ちが良くてついつい洗い過ぎの状態となり、かえって皮脂の分泌が増えてしまったのかも知れません。

 

 

わたしの実感 その2 : 過剰な皮脂の分泌を抑えるには保湿クリームが効果的

やはり、これも本当だと感じています。

これも顔や頭皮で実践しているので実感しやすい部分だと思います。あとは、これまでは入浴剤を湯船にいれてつかっているので、背中はちゃんと保湿されていてニオイの心配はないだろうと考えていました。

しかし、つい最近、なんだか上半身から随分と臭っているなと感じる時があったのでした。いままでこんなことはなかったので、何があったかと思い巡らせてみると最近の変化が一つありました。私の推測ですが、おそらくMYTREXシャワーヘッドによる洗浄と関係があると思っています。

スキンケアの基本として、「肌をゴシゴシと洗わない」ということがありますので、背中を洗う時も軽くしか洗っていなかったのです。いっぽうで、ちゃんと洗えているのか心配な思いもあったのでした。そんなときMYTREXシャワーヘッドでのミストシャワーで油性マジックが消える体験をしたこともあり、この洗浄力ならミストシャワーを軽く背中に当てるだけで肌に過剰な刺激を与えることなくキレイに洗えるだろうと思い実践しはじめたところでした。

おそらく、背中をミストシャワーで洗ったことで、これまでつまっていた毛穴に溜まっていた加齢臭のもとが出てきたのだと推測しています。そして、それを裏付けるかのように、これまで保湿クリームを背中と胸には塗っていなかったのですが、塗れる範囲で塗ってみたら仕事終了時点の上半身からのニオイが随分と少なくたったことを確認できました。

 

わたしの実感 その3 : ニオイがひどかった部位は、ウルトラファインバブル洗浄でニオイ改善

わたしの場合、首の付け根あたりの頭皮は加齢臭が一番ヒドイ部分のようです。シャンプーをすると指先にニオイが染みつくような感じでした。

わたしの仮説が正しいのであれば、これまで毛穴がつまることで毛穴内に蓄積した古い加齢臭の原因物質が毛穴を洗浄することで徐々に取り除かれるのではないかと推測しています。

現在ウルトラファインバブルで洗うたび、日ごとに首の付け根の洗浄後のニオイ残りが少なくなっているように感じています。当然ですが、毛穴の中にある皮脂腺からは加齢臭の原因物質はあらたに分泌されていることでしょう。しかし、古くなった加齢臭の原因物質が除去されることでニオイが改善されるのではないかと勝手に推測しています。

また、ウルトラファインバブルのミストシャワーで背中を洗い始めてから、ニオイが気になり始めたことについても、毛穴の洗浄が行われることで毛穴がキレイになり、古い加齢臭の原因物質が出てきたのではないかと推測しています。ですから首の付け根の頭皮と同じように、ウルトラファインバブルのミストシャワーで洗うたびに徐々に毛穴きれいになっていき、結果としてニオイが改善していくのではないかと期待しています。

ただし、洗ってしばらくは良いのですが、そのままにしておくと余分な皮脂の分泌を招くこととなり、加齢臭の原因になりかねません。ですから、毛穴の洗浄をおこなったら必ず保湿クリームを塗っておくことをおススメします。

わたしの憶測

これまで、スキンケアのポイントである【肌の表面の皮脂や汚れが適度に取り除かれて、きちんと保湿されていること】という皮膚科専門医著書の教えを実践してみて肌の改善を実感できていました。しかし、ここにきてニオイがきになる(後頭部の首の付け根、背中)のはいずれも体の背面であることに気づきました。

「身体の背面は自分の目で確認できない」そんな体を維持管理することが難しい部位といえるのではないかと思います。

MYTREXシャワーヘッドのウルトラファインバブルによる肌の洗浄で、これまで、肌の表面の皮脂や汚れが適度のレベルまで洗浄されていなかった(後頭部の首の付け根、背中)ことが露呈してしまったのではないかと考えています。ウルトラファインバブルによる洗浄であれば、肌に過度な刺激となることもなく洗えるため、これからしばらくは体の背面の洗浄と保湿に意識を向けることで肌質の改善を試みることになります。

 

皮脂に含まれる加齢臭の原因物質の割合は加齢とともに増える

これまで、加齢臭対策としてスキンケアに重点をおいて肌質の改善に力をいれてきました。その甲斐あり、肌のキメが整ってすべすべした肌に変わったなと実感しています。(特に顔、腕、脚の肌質が改善していると思います。)

では何故、私はスキンケアによる肌質に重点を置いたかといいますと、もちろん加齢臭のニオイを消すことも大事なのですが、加齢臭の原因物質は何か? また、どこからニオイが発生しているのか? そもそも加齢臭が発生しないようにならないのか?といったことを調べた結果、まずは加齢臭の原因物質の発生を抑えるには肌のキメを整え、毛穴がひきしまった状態をつくることが肝心であることが分かったからです。

そして、目を背けてはならないデータがあります。それは「皮脂に含まれる加齢臭の原因物質の割合は加齢とともに増える」ということです。詳しくは 加齢臭の原因物質ノネナールとは? 体のどこから? こちらの記事をご覧ください。

それから、皮脂の分泌と加齢臭には密接な関係があることがわかりました。詳しくは あなたの加齢臭対策に役立つ! 皮脂についての学び こちらの記事をご覧ください。

加齢臭の発生はデータによるとかなり個人差があることも分かります。しかし、一般的に考えると加齢ともに加齢臭が発生するリスクが高いことが分かります。

ですから、肌を健康な状態へと改善したり、肌のコンディションを維持するためには【肌の表面の皮脂や汚れが適度に取り除かれて、きちんと保湿されていること】が大事になります。

MYTREXシャワーヘッドを使うと肌をゴシゴシと洗うことなく、やさしく肌の汚れを取り除くことができますので、肌の改善や、肌のコンディションを維持するために役立つアイテムだと言えます。

肌のメンテナンスを怠ると思わぬ肌トラブルとなってしまいます。(詳しくは40代からのスキンケア 私のように後悔しないために こちらの記事をご覧ください。)後悔をしないためにも、肌のメンテナンスを早めにはじめることをおすすめします。

 

 

 

豊富なウルトラファインバブルと3つのモードを使い分けできるから便利

MYTREXシャワーヘッドのおすすめポイントは豊富なウルトラファインバブルが含まれていることです。

ちなみに、ウルトラファインバブルとは泡のサイズは 0.001mm 以下ということは肉眼では見えないレベルの小ささなのです。この小さな泡が毛穴の汚れを吸着する働きがあるのです。

三つのシャワーモードは切替レバーで簡単に

下の写真はこれまで使用してきた節水シャワーヘッド(左)とMYTREXシャワーヘッド(右)を比較しています。ご覧の通り、一般的なシャワーヘッドと比べると随分とサイズが大きいのが特徴です。

全長: 約256mm 、幅: 約100mm 、奥行: 76mm 、重量: 約266g

 

シャワーの吹き出し口はモードごとに分かれています。ストレートモードでは下の写真で見ると周辺部にある小さな突起状の吹き出し口を使います。 シャワーモードではシャワーヘッド中央にあるシルバーの部分から吹き出します。そして、ミストモードではシルバーの吹き出し口のすぐ外側にあるやや凹状のノズルから吹き出します。

取り扱いにおける注意点

ちなみに、モードの切り替えレバーを切り替えるときは一度シャワーを止めてから切替えした方が破損のリスクを低くすることができると思います。(とくにミストモードではシャワーヘッド内の圧力が高くなっています。)

 

 

 

MYTREX HIHOストレート  切替レバー 【 左 】

 

・ウルトラファインバブル、マイクロバブル量: 最大9,800万個/ml

・見た感じは、もっとも一般的なシャワーの状態ですが、この状態でもシャワーの中にはウルトラファインバブルやマイクロバブルが含まれています。

・私は、シャンプーやボディソープの洗浄成分をしっかり洗い流すために、すすぎの時にこのモードを使っています。また、入浴後の浴室の掃除でもこのモードを使っています。

 

MYTREX HIHOミスト  切替レバー 【 中央 】

 

・ウルトラファインバブル、マイクロバブル量: 最大2億個7000万個/ml

・ウルトラファインバブルを最も多く含むモードとなります。おそらく最初はこのミストの勢いにビックリすると思います。それから、お湯でシャワーを使用しているのに「冷たく感じてしまう」のが特徴とも言えます。あまりにもキメが細かな霧状となるため水温度が低下するのは仕方のないことです。

・鼻の毛穴掃除や化粧落としなど洗顔時に興味があるモードだと思います。ミストモードで洗顔を行う時の心構えとして「口で呼吸をする」ことを意識しないと、呼吸が出来なくてプチパニックになる可能性があります。

・私は湯船に浸かってから、身体を洗う時の予洗いにミストモードを使っています。仕事を終え、汗や皮脂で汚れた体から汚れを洗い流すようにしています。毛穴の汚れを取り除くことでボディソープの消臭成分や保湿成分がより効果的に働くのではないかと期待しています。

 

MYTREX HIHOシャワー 切替レバー 【 右 】

 

・ウルトラファインバブル、マイクロバブル量: 最大2億個/ml

・このシャワーモードは一番実用的なモードといえます。ウルトラファインバブルの量もミストモードに比べて極端に見劣りするようなこともなく、シャワーの水温はしっかり暖かいモードとなります。

・シャワーヘッドを浴槽にいれるとシルキーバスが楽しめるモードということですが、マイクロバブルバス(リンナイ)などの動画でみるような白濁した感じにはならないようです。肉眼で確認できないほどの泡なので仕方なにのかもしれませんが、視覚的な実感がわかないので私はシルキーバスとしては使っていません。

 

MYTREXシャワーヘッドは節水効果で水道料金がこんなに節約できる

これまで使ってきた節水シャワーヘッドと比べてMYTREXシャワーヘッドはどれくらい節水効果があるのか調べてみました。地域により水道の水圧に違いがあるため、参考程度にご覧ください。

水量を計測するのに使ったのは下の写真の保存瓶(8リットル)です。

 

混合栓の蛇口全開 (最大吐出量)

まずは、シャワーではなく湯船にお湯をはる蛇口で全開の状態でどれくらいの吐出量なのかを計測

蛇口全開時の流量

吐出量 [ L / min ] : X/60=8/18

X=(60×8)÷18=26.7 [ L / min ]

 

通常の節水シャワーヘッド

以前の節水シャワーヘッドを使用していた時、普段使用していた水量を再現してみました。この状態での蛇口の開き具合を混合栓にマークしています。(すぐ下の写真)

 

 

 

節水シャワーヘッド(通常開度)の流量

吐出量  [ L / min ] : X/60=8/57

X=(60×8)÷57=8.4 [ L / min ]

 

MYTREX HIHOミストモード

節水シャワーヘッドとの比較を行うため、混合栓につけたマークを合わせ同じ開度で計測を行っています。

 

 

MYTREX ミストモード(節水と同じ開度)の流量

吐出量 [ L / min ] : X/60=8/183

X=(60×8)÷183=2.6 [ L / min ]

 

洗面器に水を溜めるときに掛かった時間を比較

モード 流量比率
ミスト 75
シャワー 30 2.5
ストレート 25

大まかな比較試験ですが、混合栓の開度は触っていません。比較試験であるため水を止めずに、レバーで切替えを行って比較しました。(混合栓の開度はシャワーモードで使いやすい通常水量を基準としています。)

・シャワーモードはミストモードの約2.5倍の水量

・ストレートモードはミストモードの約3倍の水量

 

流量での比較結果

MYTREXのサイトでも、シャワーモードを基準に比較を行っています。一年を通して考えると温水で温まりながら使用できるシャワーモードが現実的な比較となるでしょう。

使用モード 流量 流量比% 節水率%
節水シャワーヘッド 8.4 100
MYTREXシャワーヘッド ミスト 2.6 31 69
シャワー (6.5) (77) 23
ストレート (7.8) (93)

 

比較結果

この結果から節水シャワーヘッドからMYTREXシャワーヘッドへ交換すると 単純計算では

・シャワーモードでは 約20 % の節水になると考えられます。

・ミストモードでは 約70 % 節水になるといえます。

・ストレートモードでは ほぼ同等であるといえます。

※演算による間接的な比較となりますが、的外れな数字ではないと思います。

 

 

使用水量に関する注意

以上のような結果から、ミストモードではかなりの節水になると思われます。しかし、他の人のレビューでもあるように気持ちよくてついつい使い過ぎる傾向にあるようです。私は湯船入りながらMYTREXシャワーヘッドを使っているのですが、最初は湯船の上の方まできてしまいました。

その後は湯船のお湯を少な目にして、半身浴でスタートしてシャワーで全身を予洗いするような使い方をしています。

 

MYTREXシャワーヘッド 取付けはとっても簡単

MYTREXシャワーヘッドはこんな感じで送られてきます。下の写真のように、シャワーヘッドの付け根(白い部分)は樹脂のネジとなっています。

 

私がこれまで使ってきたTOTOの節水シャワーヘッドからMYTREXシャワーヘッドへの交換の場合、シャワーヘッドとシャワーホースの接続金具(樹脂製)を指で軽く回して外し、MYTREXシャワーヘッドのネジ部に、これまで使っていたシャワーホースの接続金具(樹脂製)を指で回してねじ込み取付けできました。ちなみに工具は必要ありませんでした。

今お使いのシャワーヘッドからMYTREXシャワーヘッドへの交換の際、万が一ネジが合わなくてもガッカリしないでください。MYTREXシャワーヘッドには豊富な種類のアタッチメントが準備されています。

上の写真の(右上に写り込んだ)小さくて黒い箱の中にアタッチメントが入っています。下の写真は同封されていたアタッチメントです。

 

 

加齢臭対策としてのMYTREXシャワーヘッド活用と今後の課題

ウルトラファインバブルというこれまで体験したことがなかったものを使いだして、身体が反応していると感じています。

この肌の変化は、私のようなオジサンの肌のターンオーバーサイクルを考えると、落ち着くまで少なくとも2ヵ月はかかると考えられます。そんな肌改善の過渡期ではあるとは思いますが、加齢臭対策として有効ではないかと思われることはいろいろ試してみたいと思っています。

毛穴が洗浄されて頭皮(頭頂部)が敏感になった

ウルトラファインバブルのミストシャワーはとっても気持ちいいから、ついつい使い過ぎて、皮膚の洗い過ぎになっていたのかもしれません。

そのせいか、これまで調子いいと感じていたシャンプー(メディクイック)を使うと頭皮がしみるようになってしまいました。

あるいは、ウルトラファインバブルで毛穴がきれいに洗浄され頭皮が敏感になってきていることも考えられます。そこで、現在はシャンプーを使用しない「湯シャン」がよいのではないか?という気持ちになっています。

これまでのところ、3日間ぐらいのトライアルですが、「ウルトラファインバブルのシャワー」と「湯シャン」の相性は非常に良い印象です。(髪はサラサラで、頭皮のニオイもあまり気にならないようです。)

湯シャンをはじめる時の注意点

・普段から整髪料をお使いの方は、整髪料をしっかり洗い流す必要がありますので、無理せず適宜シャンプーを使ったほうが良いようです。

・シャンプーには髪に艶を与える成分が含まれているため、シャンプーを使用しない湯シャンでは髪の艶が少なくなることも考えられます。

 

背中と胸、ワキなどの上半身はウルトラファインバブル洗浄と保湿で加齢臭に効果ありだが、汗臭さは別かも

夏場は夜にエアコン(温度設定28℃)をかけて寝ています。ちょっと高めの温度設定ですので、たまにやや寝苦しく感じるのか夢を見るような浅い睡眠となってしまうことがあります。そんな夜の、次の日の朝はシャツが臭くなっていたり頭皮のアブラも目立っていました。

それが、ウルトラファインバブルのミストで毛穴洗浄を行って胸や背中に保湿クリームを塗っておけば、翌朝、シャツが臭くならなくなりましたので、効果があることを実感しています。

いっぽうで、私と同じように工場など気温が高めの環境下で仕事をされている方にとって、汗はつきものです。たとえ空調服を使っていても、「日によってはずいぶんと自分の体臭が臭く感じる時がある」なんて感じている人は意外と多いのではないでしょうか。

実は、汗には体温調整のための発汗(エクリン汗線)と緊張やストレスによる発汗(エクリン汗線、アポクリン汗腺)があります。両者には違いがあり、特に緊張やストレスによる発汗はニオイに影響を与えていると言われています。

ですから、ストレスの軽減を意識したり、汗をこまめに拭き取ったり、あるいは汗をかいたときはシャツを交換することもニオイ軽減に有効です。

 

これまでのベストルーティンが崩れた

これまで、調子良いと感じていたシャンプーや保湿クリームに違和感を感じるようなってしまいました。

これまで調子いいと感じていたシャンプーは毛穴にしみる感覚があるし、保湿クリームのアルコール成分が気になるようになって、保湿クリームのニオイにも好感を持てなくなっています。

ただシャワーヘッドを交換しただけなのですが、これだけ肌の状況が変化しているのだと思います。スキンケアでは保湿は重要なことは分かっていますが、入浴後に、敢えて何もつけないことで肌がどう反応するかを観察することも考えています。

それから、低刺激性と香りを意識して他の保湿クリームを試してみる良い機会なのかもしれません。(変化を恐れない。)

 

 

 

 

まとめ

MYTREXシャワーヘッドはウルトラファインバブルで毛穴の汚れをとり除くことがきます。しかもゴシゴシ擦って肌に摩擦を与える心配もありません。ですから、美容に関心がある方にはとって、是非ともほしいアイテムの一つだと思います。

では、今回のテーマである「加齢臭対策として、MYTREXシャワーヘッドは価値がある」とは本当でしょうか。

価値があるのか、それとも価値はないのか。私自身の体験から思い知らされたのは、MYTREXシャワーヘッドは加齢臭対策品として『諸刃の剣』といえそうです。

・まず良い点は、皮膚に摩擦を与えず、毛穴の汚れを取り除けること。

それでは、一体どういう点がネックとなるのでしょうか。わたしが懸念しているのは

・洗い過ぎによる皮脂の分泌が過剰になってしまうことです。

つまり、皮脂が過剰になると加齢臭リスクが高くなるということです。ですが、私はMYTREXシャワーヘッドの使い方を工夫することで、入浴後の私の頭皮のニオイはかなり改善してきたことから、MYTREXシャワーヘッドは加齢臭対策に有効であると考えています。

ちなみに肌のタイプは、普通肌、脂性肌、乾燥肌、混合肌 の4種類に分けられます。そして、この記事では混合肌だと自覚している私にとって、調子が良いと実感できたMYTREXシャワーヘッドの活用法を紹介しています。

肌は人それぞれ違いますので、肌の変化をご自身で感じながらスキンケアをおこなうことが大切ではないかと思っています。私の体験記事があなたのスキンケアに役立つことを願っています。

テキストのコピーはできません。