暮らしほんのり豊かに
Quality of Life
暮らしを豊かにする家電、グッズ

日影でも楽しめる芝生 セントオーガスチン 

若いころの一時期は、「無機質でモノトーンなデザイン」がオシャレと、思い求めていたように記憶しています。

しかし、不思議なもので、「趣向や、考え方」というものは、時間の経過により、「年齢を重ね、経験を積み重ねること」で随分と変化するようです。

例えば、家庭を持って「性格が丸くなる」、家庭を持って「守りに入る」など。

若くて尖っている頃は、それを「妥協」といって、忌み嫌っていました。

ですが、よくよく、世の中の強者、勝者というもを観察して思うのは、攻めるだけでなく、実は鉄壁の守り、「ディフェンス力」こそが強さの証ではないのか? ということ。

ですから、我が家の日陰の庭で、鉄壁なディフェンス力を発揮し、「耐え忍ぶセントオーガスチン」に敬意を表したいと思います。

そして、1年中、庭を緑に保ってくれるお陰で、私は随分と癒されています。

その癒しこそが、「無意味な争いに巻き込まれず、平常心を保つ」という私のディフェンス力の源になっていると思います。

 

一年中、庭を緑に保ってくれるセントオーガスチンに心癒されます。

 

みどりとは、あまり縁のないアパート暮らし

 

引っ越を繰り返すこれまでのアパート暮らしの経験により、自然と極力持ち物を最小限に保つミニマリストとなっていました。

ですから、現在の家に引っ越す以前のアパートには小さな庭がありましたが、特に植物を植えることはせず、極力、アパートの庭の姿を変えないよう心がけていました。

庭の手入れといえば、夏場に雑草取りをするくらいでした。

 

芝生へのあこがれ 日影でも芝生が育つのか心配

 

しかし、中古住宅の購入が決まり、状況は一転、業者とのリフォームの打ち合わせ等行っていくうちに、あれこれと自分のなかにイメージが湧いてきました。

ちょうど、その頃はテレビ番組の「大改造!!劇的ビフォーアフター」をよく見ていて、庭のリフォームなど見ていると和風の家は大変魅力的でした。

 

私が憧れる理想の家

 

憧れていたのは、格子戸があるような日本家屋と雰囲気のある庭でした。

縁側の建具を落ち着きのあるサッシにした日本家屋で、断熱性能に優れたシック&モダンな家が私にとって究極の贅沢。

 

 

現実としては、そこまでおよびませんでしたが、せめて緑の庭を手に入れたいという願望がありました。

引っ越してきてから、お隣の方から聞いた話では、この家の前オーナーさんは庭に日本芝を植えていたそうです。

しかし、残念ながら、芝生はうまく育たなかったようです。

フェンスの記事でも書いたように、夏の真上からの日差しを除けば、日中の裏庭は、ほとんど日影で、朝日と夕日が庭の一部にあたるような状況です。

 

それでも みどりの庭へのあこがれは消えない。

 

さすがに、前オーナーさんと同じ日本芝を植えようとは思いませんでした。

しかし、緑豊かな庭への憧れはこのまま諦めるわけにはいかないので、試しにネットで調べたのがきっかけとなり、セントオーガスチンとの出会いました。

 

 

これこそ、よく言う”わらをもすがる思い”での注文で、もしも枯れてしまっても仕方ないという開き直り状態でした。

 

 

 

試してダメなら諦めもつきますが、試しもせず、みどりの庭への憧れを捨てる気にはなれませんでした。

 

 

 

一応芝生の一種だそうです。しかし、ゴルフ場のような芝ではありません。

 

セントオーガスチン、その容姿は一般にいう芝生とはかけ離れています。

 

 

どちらかというと、草というイメージです。それでも私にとってはかけがえのない緑の庭です。

 

 

窓越しに緑が見える。それだけで心が癒されます。緑を諦めている日影の庭のお宅には是非試していただきたいものです。

 

購入前の心構え

 

ただし

一点だけ忠告しておきます。

 

「大変生命力の強い植物ですので、春先から夏場の成長には圧倒されることでしょう。」

 

 

 

セントオーガスチンを

きれいに保つコツ

 

セントオーガスチンをきれいに保ちたい方は、1週間に一度は芝刈りをされる事をおすすめします。

 

 

最低でも2週間に一度は手入れしないと、かなり草丈が伸びてしまいます。

我が家の庭で枯れませんので、「セントオーガスチン」なら、ほとんどの庭で生息できるとおもいますよ。

 

 

我が家のセントオーガスチン

 

日影に強いセントオーガスチン 2020年 1月撮影

 

参考までに、今年の1月に撮った写真をご覧ください。

 

 

セントオーガスチン 2020年 3月撮影

 

3月の中旬に撮影したものです。さすがに多少は葉先に枯れが生じています。それでも冬場の日影で、この「生命力」はすごい。あとひと月もすると新芽が出てくるでしょう。

 

 

セントオーガスチン 春の様子 2020年 5月撮影

 

5月中旬に撮影したものです。だいぶ緑が濃くなってきました。

セントオーガスチンの定植後」、年を重ねるごとに、どうしても、雑草が増えてきます。

芝生用の除草剤がありますので、試しに使ってみても良いのでしょうが、「芝生が枯れてしまうのではないか?」と心配で、どうしても使ってみる勇気がありません。

 

セントオーガスチン 2020年 5月撮影

 

花壇の草取りを行いました。

 

 

 

セントオーガスチン 2020年 5月28日撮影

 

かなり若葉が出てきました。

 

 

まとめ

 

大事なことなので、最後に、もう一度、いいます。

セントオーガスチンの生命力は半端ない。そして、初夏から秋口までは芝生の手入れで忙しくなりますので、購入前によくご検討ください。

しかし、私のように「我が家の庭は日陰だけども、緑のある暮らしを求めている」そんな方にとっては、まさに救世主となることでしょう。

 

「ほんのり豊かに、快適に暮らす」ためのヒントになりましたら、幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

これで 加齢臭は気にならない!

 

今すぐ始めたい。

ほんのり香るベルガモットの香り

「ボディソープFRESHU」

 

臭い加齢臭で

 われないために

ほんのり香るベルガモットの香り FRESHUボディソープ

これで加齢臭は気にならない!

テキストのコピーはできません。