暮らしほんのり豊かに
Quality of Life
アイデアDIY

ペアガラス風 アイデアDIY 中空ポリカーボネート

 

私、実は、出来ることなら、「ペアガラスのサッシ」を使ってみたいと思っています。ですが、価格が高いので、そう簡単には購入に踏み切れません。

ペアガラスでしたら、住宅の断熱効果が高まり、冷暖房費の抑制に効果的だと思うんですよね。それから、遮音性能もグッとたかまるはず。

そんな、期待値が高い「本物のペアガラスサッシ」ほどではないのですが、中空ポリカーボネートは、空気をポリカーボネートの板の中に閉じ込めることができます。

理想である「真空状態」のようにはいきませんが、空気の層により、断熱効果を幾分なりとも高めることができる、と考えています。

 

中空ポリカーボネートを使った、超簡単なペアガラス風はいかが?

 

誰にでもできる簡単ペアガラス風 アイデアDIY

 

「部屋の断熱効果をアップしたい」とお考えの方に是非お試しいただきたい。

しかも、作り方はいたって簡単です。お近くのホームセンターにもよりますが、私の場合、作業はほとんどコーナンの作業スペースで済ませたDIYです。

もちろん、簡単ですから断熱効果は「内窓サッシを取り付ける」あるいは、「本物のペアガラスサッシを取り付ける」よりは劣るとは思います。

ただし、

 

 

できるだけ簡単にできて、

しかも費用を抑えたいとお考えの方には決して悪くない選択

 

 

ではないかと思います。

 

必要なものは 中空ポリカーボネート板 アルミフラットバー 両面テープ

 

必要な材料は、

 

 

中空ポリカーボネート板 アルミフラットバー 両面テープのみ

 

です。

 

ポリカーボネートとは

 

施工したいサッシのガラス部分の寸法を採寸して、ガラスの大きさに合わせて中空ポリカーボネイト板をカッターナイフでカットします。

次に、アルミのフラットバーはサッシのフレームに貼りますのでガラスの幅より広くサッシの外寸よりは狭くしてカットします。

ホームセンターのバンドソーを借りると、カットしやすいかと思います。

もしもバンドソーがない場合は、サンダーか高速カッターでカットすることになります。あるいは、金切りノコでも構いません。

アルミフラットバーの切断面は、必ず、ヤスリで「カエリ」を取り除いてください。

 

中空ポリカーボネートをカットするときの注意点

 

ポリカーボネートは非常に丈夫な素材です。ですから、実はカットがやや大変です。中空ポリカーボネートはその構造から、「中空の部分」と「節の部分」からなっています。

 

中空の部分については、比較的にカットは簡単です。ですから、中空の穴が通っている方向に沿ってカットするときは材料が「薄い部分」なので楽なのです。

問題は「中空の穴を横切るようにカットする」ときです。この作業は男性にとっても意外と大変だと思います。

あまりにも切りにくいので、以前、「樹脂用のノコ」で中空ポリカーボネートをカットしたことがあるのですが、この方法はおススメしません。

なぜなら、「キリ粉が静電気を帯びて中空の部分に入ってしまう」からです。もしも、コンプレッサーをお持ちでしたら大丈夫かもしれません。

しかし、キリ粉は静電気を帯びているので、きれいにキリ粉を取り除けるかは不明です。

 

中空ポリカーボネート板をカットするポイント

 

 

きれいにカットするには、まずは「切れ味のよいカッター刃」できれば刃幅が18mmあるタイプをお使いになるほうが良いと思います。(9mmの刃はひ弱であり、力を入れにくいため)

 

中空ポリカーボネート板をうまくカットするコツは、2~3回にに分けてカットすることです。

中空の穴に沿ってカットするときはさほど難しくなく、おそらく1回でカットできるたと思います。

 

「中空の穴を横切るようにカットする」ときは、無理せず2~3回にわけてカットしましょう。

 

 

材料をホームセンターでカット後 自宅で貼り付けるだけ

 

材料を買う際のポイントとしては、

 

 

アルミのフラットバーはできれば、アルミサッシと同色とすることをおすすめします。

 

 

同色であれば、仕上がりの一体感が増し、すっきりとします。

また、ガラスが縦長で、しかも中間フレームがない場合は、アルミのフラットバーは上下だけでなく左右にも追加したほうが良いかもしれません。

 

 

中空ポリカーボネート板 ペアガラス風

 

 

サッシと同色のアルミフラットバーを使用

 

 

上はすりガラス風フィルム 下は中空ポリカーボネート板ペアガラス風

 

私の場合は、隣家とのプライバシー対策として、サッシの上段はサンゲツのすりガラス風フィルムを貼っています。

サッシの中間フレームより下は、表面に凹凸がある型板ガラスが入ってますので、ある程度プライバシーは確保できています。ですから、型板ガラスのところには、フィルムは使用せず、中空ポリカーボネイト板を入れています。

組み合わせは自由ですので、優先する機能を選択してサッシをカスタマイズしてはいかがですか。

もしも、断熱効果優先であれば、全体を中空ポリカーボネート板でも良いと思います。クリアタイプの中空ポリカーボネート板でも、ある程度であれば、プライバシー確保できると思いますよ。

 

上はガラスフィルム 下は中空ポリカーボネート板

 

 

明るく プライバシーも確保

 

 

おすすめポイント

  • とにかく簡単 材料の加工はホームセンター作業エリアでも可能
  • 中空ポリカーボネートの切り口処理も不要
  • アルミのフラットバーですっきりオシャレに

 

 

まとめ

 

中空ポリカーボネート板を利用したDIYの中では、非常に簡単で、仕上がりもスッキリすると思います。

もしも、この方法で、サッシをペアガラス風に仕上げる場合は、中空ポリカーボネート板の厚みをよく確認してください。

通常のサッシであれば、おそらく4mmくらいが適していると思います。「ガラスとサッシ枠の段差」よりも厚い中空ポリカーボネート板は使用しない方が良いと思います。

 

「ほんのり豊かに、快適に暮らす」ためのヒントになりましたら、幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1ヶ月3,800円~ご利用可能!

さらに、通信無制限なのに工事費不要!
最大35,000円キャッシュバック

他社からSoftBankAirにお乗り換えで、
他社解約金・撤去工事費
最大10万円キャッシュバック!

詳しくはこちら↓↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HE2VJ+98TBXU+4K9C+1TIBOZ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

テキストのコピーはできません。