暮らし ほんのり豊かに
Quality of life
暮らしの D I Y

トイレの掃除 徹底リフレッシュ

 

これまで、私は、一人暮らしのわりには、家の中をそこそこきれいにしているのではないかと思っていました。

そんなふうに思いながら、日常、当たりまえに使ってきたトイレなのですが、実は、その構造をよくわかっていませんでした。

そこで、あらためてトイレについて調べてみたら、「便フタを取り外せること」そして、「シャワートイレのノズルを掃除できること」を知ってしまいました。

これまで、「どうなっているのだろうか?」と思いながらも、「きっと大丈夫だろう。」と見て見ぬふりをしてきました。

しかし、シャワーノズルを掃除できることを知ってしまった以上、このまま放置はできません。ということでいきなり夜に作業開始してしまいました。

 

トイレの徹底掃除を ご紹介します。

 

豊かな暮らしと清潔感ある水回りのために

 

今でも、人気があるのか分かりませんが、元同僚の影響もあり、私は一時期風水に関心がありました。

どれほどの違いがあるのか分かりませんが、家を購入したり、リフォームする際も、ある程度は風水を考慮しているつもりです。と言っても、それほど風水に詳しくはありませんので、あくまで「にわか風水」信者の域を超えることはありません。

 

 

風水の中では、水回りの方位を重要と考えているようです。

 

 

また、「水回りを清潔に保つことが運気アップにつながる」と各メディアでもよく耳にします。

ですから、潔癖ではない私は、どちらかと言うと「できるだけ汚さない努力をする」ことで、楽をして、ある程度清潔感を感じられる水回りを維持するように心がけています。

 

 

トイレの清潔感を維持するには、汚れが目立つようになってから、掃除していたのでは手遅れです。

少なくとも、1週間に1回は、トイレ用洗剤でしっかりきれいにしましょう。

 

キッチンでは、油汚れを放置しておくと、だんだんとよごれを落としずらくなります。そこで、皿洗いの最後のに、油用食洗スポンジに残った洗剤で、IHクッキングヒーター表面のアブラ汚れを拭いています。

仕上げとして、布巾でIHクッキングヒーターと流し台のシンク以外の部分の水けをふき取るようにしています(2~3分の作業)。

お風呂では、石鹸カスが残ると掃除が大変なので、風呂から出る前に水シャワーで浴室の壁と床をブラシでこすり洗い流します。(2~3分の作業)

その後、換気扇を回し、カビの繁殖を最小限に抑えるようにしています。そしてカビに気づいたら、その都度、カビキラースプレーをかけて、その後洗い流すといった掃除方法を続けています。

その甲斐あってか、ピカピカとはいえませんが、楽して「ほどほどに、清潔感を保てている」と思います。

 

日常のトイレ掃除の習慣 と ルーティン

 

理想は毎日のトイレ掃除だと思いますが、なかなか持続してくことは難しいように思います。

サラリーマンのかたでしたら、朝は出勤の準備に時間が必要だし、ゴミ出しくらいはできるけど掃除はちょっと厳しい。

仕事を終え、帰宅後はくつろぎたいので、すすんで掃除をしようという方はあまりいないのではないかと思います。

 

快適な暮らしのためには

 

「清潔感のある快適な空間が必要な事は分かっている。

しかし、なかなかできない」と思っている

 

 

かたへ、おすすめするのは、

「継続できる掃除習慣を身につける事」です。

 

私は毎日のトイレ使用後に、汚れがきになる時は、その都度ブラシで軽くクリーニングします。

便座の汚れを発見した時に限り、アルコール除菌したり、シャワー水による便座の濡れはその都度のトイレットペーパーで拭き取りすることを習慣にしています。

 

 

洗浄液を使ったトイレ掃除は、毎週日曜日(一週間に一度)の夕方と決めています。

 

 

トイレは便器に黄ばみが出てから掃除したのでは遅すぎます。汚れが落ちにくくなってシミのようになってしまいます。

ですから、便器が汚れていなくても、必ず中性のトイレ用洗剤を便器に塗布して、ブラッシングするようにしています。

それから、便器の外回りは、アルコール除菌を行っています。特にこだわりはないので、アルコール除菌できれば構わないと思っています。

私は、キッチン用の除菌アルコールを使っています。トイレに使用する除菌アルコールはちゃんと「トイレ使用アルコール」と限定して使用しています。

便器の外周は、アルコールを染み込ませたトイレットペーパーで、まんべんなく拭き取ります。

尿が便器をつたわり、集まってしまう便器の付け根は、臭いの元になってしまいます。そんな時は、アルコールを十分に吹きかけて、しばらく置くと匂いは殆ど気にならなくなります。

また、固着したようなものでなければ、尿の黄ばみも取れるようです。

アンモニア対策として、クエン酸がおすすめされているようですが、私は使ったことがありません。個人的には、アルコールで「除菌」と「消臭」ができていると実感しています。

 

私は、キッチン用の除菌アルコールを使っています。

 

 

取扱説明書に沿ったシャワートイレの徹底リフレッシュをやってみよう。

 

我が家の簡易水洗トイレは LIXIL CW-H42 シャワートイレ

同型のカタログが見つからなかったので、もっとも近いと思われるCW-H21のカタログを元に作業を紹介します。

 

取扱説明書より

便座または便フタ・カバー類(プラスチック部)のお手入れのしかた

 

柔らかい布で水拭きしてください。

汚れは放っておくと落ちにくくなりますので、こまめに水拭きしましょう。また、水拭きは静電気を防ぎます。静電気はホコリを引き寄せ、黒く汚れる原因になります。

 

お手入れにはINAX純正のシャワートイレのお掃除クリーナーまたはトイレ用お掃除ティッシュをおすすめします。

注意:

乾いた布やトイレットペーパーでふかないでください。

※傷つきの原因になります。

 

 

シャワートイレのリフレッシュを始める前に

 

シャワートイレのコンセントを抜く

 

作業を行う前に必ずシャワートイレのコンセントを抜いて、電源が切れていることを確認しましょう。

 

止水栓を止める

 

万が一の水漏れに備え、作業前に止水栓を締めてから作業を行うようにしましょう。

 

準備するもの  LIXILサイトより

 

ゴム手袋

トイレ用おそうじティッシュ

シャワートイレおそうじクリーナー

割りばしに布を巻いて輪ゴムでとめる(すきま汚れに)

消しゴム(便座と便フタの黒ずみに)

 

 

 

便フタで隠れた部分を掃除します。

 

日常の掃除では、便フタを外してまで掃除を行うかたは少ないでしょう。

ですから、便フタの付け根の隙間をよく見ると、意外とゴミが溜まっているようです。私は7年目にして、今回初めて便フタを外して掃除してみました。

 

便フタの取り外し 取り付け

 

 

取扱説明書より

便フタの外し方

 便フタ右側のピン穴を外側に開いて、ピンから外します。

 便フタの右側を浮かせながら左側にずらし、便フタを外します。

 

 

 

 

便フタの組付け方

 便フタの左側のピン穴と本体左側のピンを合わせて差し込みます。

 便フタ右側のピン穴を外側に開き、ピン穴とピンを合わせて、便フタを取り付けます。

 

 

 

掃除前の様子

 

便フタをつけた状態で掃除できるところは、ちゃんと掃除しているつもりでいましたが、こうして7年目にして、初めて便フタを取ってみて、隠れた部分がビックリするくらい汚れていることがわかりました。

 

掃除後の様子

 

除菌アルコールと綿棒で掃除してみました。細かいところを見るとまだ少し汚れが残っていますが、掃除前の写真と比べて格段にきれいになったことが分かると思います。

今回、取扱説明書を見ることがなかったら、ずっとこの汚れた状態だったのでしょうね。やはり「知らないということ」は怖いものです。

 

 

シャワートイレのノズルを掃除してみよう 徹底リフレッシュ

 

ウォッシュレットをはじめとする、シャワートイレとの出会いは驚きではなかったでしょうか?

テレビでも、シャワートイレを初体験する外国人のリアクションが印象的なのですが、やはり、私自身もその感動の記憶はいまだに残っています。

今では、当たり前に各家庭に普及しているのではないかと思います。そして、私と同じように取扱説明書を見ないで使用している方も多いのではないかと思います。

ノズルの掃除について、なんとなく気にはなるのですが、ついつい流してしまいがちな気がします。

 

 

「ノズルに触ることが汚い」ような気持ちもあります。

 

また、下手に触ることで、「シャワートイレを壊してしまうのではないか」

という不安もありませんか?

 

私が今回紹介している、シャワートイレの徹底リフレッシュでは、あくまでLIXILのCW-H42に関して紹介しています。

同ブランドでは、ほとんど同じような構造であろうかと思いますが、他ブランドなど、ご自身のトイレを掃除する際は、必ず取扱説明書で確認をしてから、作業に取りかかってください。

 

取扱説明書より

 

【 ノズルのお手入れのしかた 】

 

ノズルを引き出し、シャワーが噴出する穴が汚れいたらスポンジ等で掃除して下さい。

※ノズルを無理に引っ張ったり、曲げたりしないでください。

 

※ 作業を行う前に必ずシャワートイレのコンセントを抜いて、電源が切れていることを確認しましょう。

 

 

 

 

取扱説明書より

 

警告:

シャワートイレ本体や電源プラグに水や洗剤をかけないでください。

※感電・火災の恐れがあります。

注意:

プラスチック部のお手入れには、便座に使用できる洗剤以外(トイレ用洗剤、住宅用洗剤、漂白剤、ベンジン、シンナー、クレンザー、クレゾール)は使用しないでください。

 

 

補足:上記の禁止対象に除菌アルコールは含まれていないようです。便座用除菌アルコールも使用していますので、私は便器やプラスチック部の掃除に除菌アルコールを使用しています。

 

 

この汚れにはビックリしました。想像以上に汚れていました。

 

 

スポンジの柔らかい部分(ピンク色)でノズルを拭き取ってみました。

 

 

 

 

途中経過の様子

 

汚れは頑固なものかと思いましたが、意外にあっさり拭き取ることができました。

本当は除菌アルコールで除菌したいところなのですが、取扱説明書で紹介しているクリーナーがなかったので、無難に水洗いしてみました。

 

 

一応、ノズルの掃除はできました。しかし、ノズルがこれだけ汚れているのであればノズルが収納されている内部も汚れていることは想像がつきます。

しかし、ノズルの分解まで行うわけにはいきませんので、今後は、こまめにノズルの掃除をすべきだと考えを改めました。

 

 

 

LIXILのHPより

 

シャワーノズルを掃除する際:

 

「トイレ用おそうじティッシュ」で汚れをふき取ります。汚れが落ちにくい場合は、「シャワートイレおそうじクリーナー」を使用します。

(市販の洗剤の中には一部適さないものがありますのでご注意事項をご確認ください。

仕上げに水拭きをします。

シャワートイレのノズルの掃除頻度は

 

LIXILのHPではとくに触れていないようです。この掃除頻度については今後、実験的に実証してみたいと思います。

さすがに毎日掃除するのは厳しいので、週単位と月単位の掃除頻度でどれほどの差があるのかを、簡単な外観チェックで確認してみたいと思います。

 

【 ノズルの掃除頻度について 】

その後、トイレのシャワーノズルの掃除も、毎週の掃除習慣メニューに組み込み、継続しています。

気になるノズルの状態ですが、1週間ごとの洗浄でも、ほとんど汚れを確認することはありません。

 

 

シャワートイレの便座下を掃除してみよう 徹底リフレッシュ

 

便座の付け根部分は、微妙な隙間があるけども、手は入らないのでお掃除を諦めている人が多いのではないでしょうか。

特に男性の場合は、尿による汚れが気になるところです。

汚れも気になりますが、もう一点、最近、便座のゆがみが大きく、安定感にかける状態になっていましたので、この際、一度便座を外してみます。

便座を外す場合は、便器に向かって右側にあるボタンを押しながら、便座を手前に引きます。下の写真では左側の四角いボタンになります。

 

 

ボタンを押した状態のまま、ゆっくりと便座を手前に引くと便座がスライドします。

 

 

下の写真は便座の本体着脱プレートになります。ホコリが溜まっているのが分かるでしょうか。

そして、本体脱着プレートを固定するボルトが緩んでいたため、便座のガタが大きかったようです。ゴムパッキンのずれからも、その様子が分かります。

 

 

便座の本体着脱プレートの固定ネジをドライバーで緩めるのですが、ネジを回すときは空回りしないように、金属ネジインサート付きの樹脂ナットをしっかりと指で固定します。

 

 

本体着脱プレートの下にはシミ汚れがありました。しかし、このあたりには除菌アルコールを吹き付けていた効果でしょうか、尿のシミではないようです。

 

 

このシミは、除菌アルコールとティッシュで簡単に拭きとることができ、新品同様きれいになりました。

下に見える二つの穴は、本体着脱プレートを固定する際に黒い樹脂製のロングナットを下側から差し込み、上から固定ネジを入れます。

 

 

 

便座を組み立てよう。7年目の徹底リフレッシュ完了

 

掃除が完了しましたので、こんどは組み立てていきます。

下の写真は、本体着脱プレートを固定するときに使用するネジです。ネジの頭には下の写真のような白い樹脂の特殊形状のワッシャを使います。

これは、本体着脱プレートの固定用長穴にある凹凸に、かみ合うように角溝がたくさん刻まれています。この角溝同士がしっかりかみ合うことで、ズレのない便座の固定ができるのです。

 

 

こちらの黒い部品の正式名称は不明ですが、樹脂製のロングナットで4~5個くらいある突起はゴム製となっています。

そして、片方の端に金属ナットのインサートがあり、インサートを下にして樹脂製のロングナットを便器の穴の下側から差し込みます。

 

 

下の写真は、樹脂製のロングナットを下から半分差し込んだ状態です。このとき、インサートはロングナットの下側になっています。

 

 

掃除を終え、本体着脱プレートを固定した様子です。

これまで、ネジのゆるみが原因で便座がぐらついていたのですが、今回はしっかりと固定しましたので、便座に腰掛けたときの安定感がたいへん向上しました。

 

 

下の写真の中央に三つの異なる突起がありますが、この突起が上の写真の本体着脱プレートの左右にある溝を、スライドするよになっています。

 

 

まとめ

 

今回の記事は、簡易水洗トイレの構造を調べているときに、シャワーノズルと便フタの情報を知ってしまったことが、きっかけとなっています。

トイレは業者に取り付けて頂いたのですが、取扱説明書をもらっていませんでした。あるいは、仮に取扱説明書を貰っていたとしても、まともに読むことはなかったように思います。

トイレに限らず、メンテナンスはどちらかというと面倒臭い作業だと思います。世の流れとしてはメンテナンスフリーを目指して技術開発を進めているとは思いますが、「完全なメンテナンスフリー」とはそう簡単なものではありません。

今回は、ノズルの衝撃的な汚れを披露することになってしまったのですが、本来、体を清潔に保つためのツールのはずが、そのツール自体が清潔とはいえない状態にしてしまったことに落胆を隠せません。

私はシャワートイレを責めているのではなく、メンテナンスを怠慢したことを猛省しています。

メンテナンスを怠ると、大変なことになりますので、この記事を読んで頂いた方は、

 

是非、ご自宅のシャワートイレをチェックしてみてください。

 

「ほんのり豊かに、快適に暮らす」ためのヒントなりましたら、幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

簡易水洗トイレに興味がある方はこちらもどうぞ

 




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━┓
国内最速!シン化するレンタルサーバー『wpXシン・レンタルサーバー』
─────────────────────────────────
・使いやすさに定評のある「エックスサーバー」のシステムを採用
・世界最速クラスのWordPress実行環境「KUSANAGI」の高速化技術を導入
・初期費用無料・月額770円(税込)から利用可能
・.com .netなどから選べる!独自ドメインが永久無料
・初心者でも安心の24時間365日メールサポート!
・アダルトコンテンツを含む幅広い用途で利用可能
─────────────────────────────────
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HKLNO+CQFSKY+CO4+1HLNLF
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
テキストのコピーはできません。